“遠目カモフラ”なバッグがさりげなく主張したい大人にハマる

“遠目カモフラ”なバッグがさりげなく主張したい大人にハマる

2018.09.07 21:00

バッグ

周りと同じようなモノを身に着けるのは正直つまらない。けど、これみよがしにアピールするような華美なアイテムはちょっと気恥ずかしい……。これが大人の本音だろう。だから欲しいのは、パッと見はベーシックだが、よく見ると“アレッ”っと思わせられるような気の利いたモノ。わざとらしくなく、あくまでさりげなく主張するぐらいがTASCLAP世代にとってはちょうどいい塩梅だ。

一見普通に見えて実は個性派。そんなギャップのあるアイテムを狙うなら、アウトドアバッグの老舗『グレゴリー』から届いたこんな新作はどうだろう?

こちらはブランドで人気を博すアーティストコラボシリーズで、第6弾となる今回は有名ブランドのアートワークを数多く手掛ける人気イラストレーターの花井祐介氏をフィーチャー。名前にちなみ「YH CAMO」と銘打たれて展開される。全体に散りばめられたプリントは遠目だと王道のミリタリーカモフラージュのようだが、実際は動物や山、木々などが落とし込まれた『グレゴリー』らしい自然モチーフ。その繊細なタッチは同氏ならではだ。遠目ではミリタリー顔かと思わせて、近くで見ると実は同コラボだけのオリジナルプリントという、意外性たっぷりなデザインはこなれた大人の嗜好にこの上なくフィットする。

「YH CAMO」シリーズで展開されるのは、「デイパック」、「イージーデイ」、「サッチェルM」「テールメイトS」「パデットショルダーポーチ」の全5型。いずれのモデルにも花井氏が手掛けたスペシャルロゴがあしらわれていて、エクスクルーシブ感満点だ。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

グレゴリー/サムソナイトジャパン

0800-12-36910

https://www.gregory.jp/

9月14日(金)より発売開始予定

READ MORE合わせて読みたい
グレゴリーのリュックが大人に刺さる。定番品からニューフェイスまで

グレゴリーのリュックが大人に刺さる。定番品からニューフェイスまで

2017年に創業40周年を迎えたバックパックの老舗。創業からロングセラーとなっている名品から、現代的な逸品まで、おすすめのモデルを幅広くピックアップしてみました。

MASAFUMI YASUOKA

グレゴリーの大定番ボディバッグ。テールメイトが今ほしい!

グレゴリーの大定番ボディバッグ。テールメイトが今ほしい!

発売以来変わらず根強いファンが多い『グレゴリー』の「テールメイト」。機能性やデザインなどの特徴から今買うべきおすすめモデルまで、その魅力をとことん掘り下げます!

ai sato

本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

バッグを選ぶうえでデザイン性は気にすべき要素。それでもなお、利便性に重きを置いた本格派志向の大人は多いはず。手にするなら、やはりアウトドア出自の逸品が重宝する。

菊地 亮

    KEYWORD関連キーワード

    BACK