「薄っぺらい」は、褒め言葉。50余年の時を超える正統派ドレスウォッチ

「薄っぺらい」は、褒め言葉。50余年の時を超える正統派ドレスウォッチ

2018.10.04 21:00

セイコー(SEIKO)
腕時計

「あなたって、薄っぺらい人ね!」と言われて、喜ぶ男はいないだろう。しかし、腕時計の世界では話が別。薄い腕時計とは、つまりは美しく、技術的に優れた証なのだ。ざっくり言うと、機械式にせよクォーツにせよ、時計がケース内にムーブメントを搭載する工業製品である以上、ある程度の厚みが不可欠。そこをどう薄く作れるかが各ブランドの腕の見せどころで、近年もエレガントな外見と道具としての信頼性を磨き上げつつ、世界最薄の記録は更新され続けている。

ここで紹介するのは、そんな”薄い時計”。その名も「セイコー ゴールドフェザー」だ。1960年のオリジナル発表当時に3mmのムーブメント厚を達成し、秒針と時分針が中央に付く3針時計としては世界最薄を誇ったモデルをリメイク。「羽のように軽く、美しい時計」という従来のコンセプトをそのままに、モダンな色彩感覚を携えて現代に甦った。38.2mm径のケース外周に対し、ケース厚は7.4mm。ジャケットの袖口にすんなり収まるその姿は、気品に満ちた正統派ドレスウォッチの佇まいだ。

今回の復刻にあたっては、バリエーションの豊富さにも注目したい。まずレギュラーモデルとして、グリーン、ピンク、ブルー、レッドと4カラーのダイヤルがスタンバイ。さらには、『ナノ・ユニバース』との限定コラボカラーや、ツリーのオーナメントやプレゼントのパッケージをイメージしたクリスマス限定モデルも登場する。レギュラーのグリーン&ピンクとクリスマス限定モデルにはそれぞれ30.2mm径のレディースも用意され、ペアウォッチとしても活用できそうだ。当然、ギフトにも良いだろう。「あなたって、やっぱり素敵な人ね!」となるかどうかは、あなた次第だが。

Text_Naoki Masuyama

DATA

セイコーウオッチ(株)お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja

SCXP132、SCXP142は各1000本限定。SCXP144は300本限定。

READ MORE合わせて読みたい
日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色褪せない

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色褪せない

『セイコー』を象徴するスタイルのひとつに、“ツナ缶”がある。1975年誕生の傑作ダイバーズが採用したこの特異なデザインは、時代を経ても色褪せず、新鮮味に満ちている。

ワダ ソウシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

    見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

    文字盤上に月の満ち欠けを正確に表示するムーンフェイズウォッチ。そのロマンチックで高級感溢れる同機能の魅力とおすすめモデルをご紹介します。

    髙須賀 哲

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスの場においては腕時計も立派な武器。機能的な意味での実用性はもちろん、デザインやブランドで主張を忍ばせることも肝要だ。背中を預けるに足る、15本をピック。

    TASCLAP編集部

    BACK