古き良き時代に想いを馳せて。40年代の薫り漂う機械式時計

古き良き時代に想いを馳せて。40年代の薫り漂う機械式時計

2018.10.17 21:00

ティソ(TISSOT)
腕時計
機械式

年齢を重ねるほどに、“良いモノ”に興味を持つ機会は増えていく。腕時計などはとくにそうで、30歳を超えたあたりから機械式時計に興味が出てきた、という人は少なくないだろう。単純に精度の面で言うとクォーツ時計のほうが優れているし、そもそも今はスマホがあるから機械式時計は実用的なツールとは言い難い。だけど電力を使わない昔ながらのゼンマイ駆動にはロマンがあり、職人の叡智が詰まった複雑な内部機構はもはやアート作品に近い。そう、男たちにとって究極の嗜好品であるからこそ、機械式時計は今日でも変わることなく愛され続けているのだ。100以上もの細かなパーツを手仕事で組み立てるがゆえクォーツ式と比べて値も張るが、それも一種のステータスと捉えることができるだろう。

そして機械式デビューにあたり、狙い目なのが10万円代前半。比較的手を出しやすい価格帯ながらも作り&デザインが良く、なおかつブランドバリューも備えたモデルが多く揃うからだ。例えば、『ティソ』から今季放たれた「ティソ ヘリテージ2018」。1853年にスイスのル・ロックルで興された名門マニュファクチュールである同ブランドは、1930年に世界初の耐磁性時計「ティソ アンチマグネティーク」を開発したことでも有名だ。この新作は1943年に実在した耐磁性腕時計からインスパイアされたもので、当時を思わせる手巻きの機械式ムーブメントを搭載している。

また、今作においてはかつての名作に敬意を払いながらも外装をよりリッチな仕上げでアップデートを図っている。ヘアライン加工が施された文字盤にはヘリテージロゴがあしらわれ、気品あふれるリーフ針とともにヴィンテージムードを醸出。さらに、ボックス型となったサファイアクリスタル製風防もレトロな雰囲気を加速する。裏蓋からは精巧なメカニカルムーブメントを視認可能で、ストラップ素材には極上のエイジングを堪能できるベジタブルタンニンレザーを採用した。温故知新な「ティソ ヘリテージ2018」は、機械式デビューに最適な1本にしてずっと愛せる最高の“良いモノ”である。

■DETAIL
ETA社製手巻きムーブメント、SSケース、ケース径42mm、5気圧防水、レザーストラップ

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

ティソ/スウォッチ グループ ジャパン

03-6254-7361

https://www.tissotwatches.com/ja-jp/

READ MORE合わせて読みたい
コスパに優れるティソから選ぶおすすめモデル20選

コスパに優れるティソから選ぶおすすめモデル20選

多くの名門、高級ブランドがしのぎを削る機械式腕時計のメッカ、スイス。なかでも『ティソ』は、機能的で比較的手が届く価格帯の展開がある、注目度の高いブランドだ。

菊地 亮

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

時計産業の中心地、スイスが誇る高級腕時計ブランド10選

高級腕時計と言えばスイス。その時計産業の成り立ちと強さの秘密に迫りながら、押さえておきたい10ブランドを解説していきます。

夏目 文寛

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

    須賀 哲

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK