良い年齢の重ね方は、特別なキャラウォッチとともに

良い年齢の重ね方は、特別なキャラウォッチとともに

2018.10.18 21:00

シチズン(CITIZEN)
腕時計

大人になってからというもの、よりいっそう“キャラもの”に惹きつけられるようになった。とくに「ミッキーマウス」は、初めて彼に出会ったときの自分との年齢差を感じつつ、今また気負いなく向き合えている気がする。世界中にゆうに4世代にもわたるファンを抱える、キャラクターの象徴的存在。そんな誰もが愛する「ミッキーマウス」は今年でスクリーンデビュー90周年を迎える。そのアニバーサリーとして、『シチズン』からスペシャルウォッチが登場するというのだ。

90年の歴史をひも解くと、ミッキーの顔が少しずつ変化していることは有名な話。昔のイラストはオールドミッキーやクラシックミッキーと呼ばれコレクターがいるほど人気が高く、ファッションの分野でも愛好家は多い。

今回の90周年記念アイテムは、2回に分けてリリースされる。まずは歴代のミッキーの顔7種をプリントした特別なストラップが目を引く1本を、1stリリースとして11月1日(木)に発売。初めてミッキーが登場した1928年公開の『蒸気船ウィリー』のモノクローム映像にちなんでストラップもモノトーンでまとめられた、ファンにもコレクターにもたまらない珠玉のウォッチだ。12月1日(土)から予約を開始する2ndリリースでは、1stと同じ趣向のイラストをカラフルにアレンジしたミッキーと、シンプルなモノトーンのミッキーという2種のストラップを用意。いずれも『シチズン』の最新技術であり世界最薄の光発電時計「エコ・ドライブ ワン」を採用するという、大人が身に着けることを前提に考えられたハイクオリティなスペックも特別感をよりいっそう高めている。コレクション欲をくすぐるラインアップは、数もかなり限定されているため即断即決がマストだ。

たっぷりとした髭をたくわえてパイプをプカプカふかす老紳士がこの腕時計をしていたらきっと格好良い。まあそこまでキャッチーではないにしろ、“キャラクター”を携えた遊び心ある大人になれたなら、我々も良い年の重ね方ができていると言っていいだろう。

■DETAIL
ステンレスケース、カーフストラップ、ケース径39.0mm、厚さ2.98mm(設計値)

Text_Daisuke Kobayashi

DATA

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807

https://citizen.jp/one/special/index.html

READ MORE合わせて読みたい
日本が生んだ、実用腕時計の極地。アテッサを知る

日本が生んだ、実用腕時計の極地。アテッサを知る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

編集ムタガミ

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

プロフェッショナルユースウォッチとして、「信頼性」「機能性」「想像力」という価値観を提案するシチズンの『プロマスター』。その魅力を徹底解剖します。

横山 博之

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    腕時計は実用的な道具である以上に、ロマンの塊だ。時刻を知るだけなら、実はスマホで十分。むしろそれ以上の魅力、つまりはブランドの哲学やチャレンジングな姿勢、モノ…

    増山 直樹

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

    ワダ ソウシ

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    少ない予算でも大人らしい雰囲気の腕時計が欲しい。そんなニーズに応える、1万円以下の腕時計を厳選。選び方のポイントやおすすめのモデルも合わせて紹介します。

    Hiroshi Watanabe

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK