単なる防寒インナーにあらず。洗練を宿したコラボヒートテック

単なる防寒インナーにあらず。洗練を宿したコラボヒートテック

2018.11.03 21:00

ユニクロ(UNIQLO)
下着・インナー

2003年に『ユニクロ』と東レの共同開発により防寒機能ウェアとして生み出され、現在までに累計販売枚数10億枚を数える世界的な大ヒットアイテム。そう、誰もが1枚は持っているヒートテックの話だ。人間の体から発生する水蒸気を熱エネルギーに変換する “吸湿発熱”によって体を暖めるというのがその原理で、今や老若男女問わず冬を快適に過ごすために欠かせないモノとなっている。ただ、従来のヒートテックといえば肌着のイメージが強く、外からは見えないよう着こなしに取り入れている人が多かったのではないだろうか。

今回新たに誕生したヒートテックコレクション「ユニクロ アンド アレキサンダー ワン」は、これまでのそういった印象を覆すものだ。“寒い季節でも薄着でおしゃれを楽しむ”というヒートテックのコンセプトを、NYを代表するデザイナーのアレキサンダー・ワン氏が新しい発想で表現。暖かいだけでなく、スマートに着こなせるファッションアイテムとして提案する。ちなみに両者は2008年に『ユニクロ』から発売された「デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト」でもコラボレーションを果たしており、今回は2度目の顔合わせとなる。

抜群の暖かさを継承しつつもスタイリッシュに進化を遂げたこのコラボヒートテックは、メンズでは計6型をラインアップ。11月9日(金)より『ユニクロ』の各店および公式オンラインストアで発売を開始する。“見せるためのヒートテック”が、冬のコーディネートをさらに充実させてくれるはずだ。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

ユニクロ

0120-170-296

https://www.uniqlo.com/

READ MORE合わせて読みたい
15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

Hiroshi Watanabe

日常使いから本格派まで。着膨れしない防寒インナー10選

日常使いから本格派まで。着膨れしない防寒インナー10選

寒い時期に必須の防寒インナーは、着膨れを防止してくれるスマートなアイテムを選びたいもの。日常使いから、ウインタースポーツなどに対応する本格派までご紹介します。

近間 恭子

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    TASCLAP編集部

    アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

    アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

    アウトドア界の最高峰に位置する『アークテリクス』のマウンテンパーカー。外遊びだけでなく街着としてもフル活用できる万能選手について掘り下げます。

    山崎 サトシ

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

    時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK