35年の時を経て蘇る、色褪せないタイムピース

35年の時を経て蘇る、色褪せないタイムピース

2018.11.21 10:00

セイコー(SEIKO)
腕時計

“復刻モノ”はいつだって男たちを魅了してやまないキラーアイテムだ。かつての時代背景に想いを馳せながら、当時羨望を集めたマスターピースを現代で楽しむというのはやはり感慨深い。しかも、クラシック回帰の流れを受けてこの秋冬はリバイバルラッシュを迎えており、過去の名作と巡り会える大きなチャンス。今回紹介するセイコーと『ジウジアーロ・デザイン』によるコラボウォッチも、注目の復刻銘柄として話題を呼んでいるアイテムのひとつだ。

まず押さえておきたい点として、日本の老舗時計メーカーとタッグを組む『ジウジアーロ・デザイン』は、イタリアの著名工業デザイナーであり数々の名車を手掛けてきたジョルジェット・ジウジアーロ氏が設立したデザインスタジオであること。誕生から40年以上が経つ現在もカー&インダストリアルデザイン業界を牽引し続ける存在だ。この度リバイバルを果たしたのは、“ドライバーのための腕時計”としてセイコーとのタッグにより1983年に開発されたデジタル時計。四輪車や二輪車のドライバーがハンドルを握った際に時刻が確認しやすいよう、ドーム型ディスプレイをあえて20度傾斜させた斬新なデザインが最大の特徴だ。また、ロータリースイッチを組み込んだベゼルを回転させれば、アラーム・タイマー・ストップウォッチといった多彩なファンクションを即座に切り替えられる。

今作はそれらの要素を可能な限り忠実に再現しつつ、ELライトによるバックライトを搭載するなど高機能化も実現。隙のない仕上がりとなったこの復刻モデルは各色3,000本のみの数量限定で、裏蓋には両雄のロゴとともにシリアルナンバーが刻まれる。さらに、『ユナイテッドアローズ』、『シップス』、『エストネーション』、『バーニーズニューヨーク』、『ナノ・ユニバース』、『ビームス』による個性豊かなカラー別注モデルも同時にお目見え。こちらは各店500本のみの販売となり、いずれも12月上旬〜中旬より展開予定だ。

35年前に産声をあげたとは思えないほど洗練されたタイムピースは、ドライバーならずとも持っておく価値がある。機能美を極めた作品は時代を超越することを見事証明してくれた。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

セイコーウオッチ お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/seikoselection

READ MORE合わせて読みたい
日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色あせない

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色あせない

『セイコー』を象徴するスタイルのひとつに、“ツナ缶”がある。1975年誕生の傑作ダイバーズが採用したこの特異なデザインは、時代を経ても色あせず、新鮮味に満ちている。

ワダ ソウシ

スーツにも馴染む。大人顔のデジタル腕時計15選

スーツにも馴染む。大人顔のデジタル腕時計15選

オン・オフ使えることを考えるとアナログ時計を選びがちだが、デジタル時計でもオン・オフ問わず使えるモデルが多数展開されている。選び方からおすすめモデルまでご紹介。

大中 志摩

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    腕時計は実用的な道具である以上に、ロマンの塊だ。時刻を知るだけなら、実はスマホで十分。むしろそれ以上の魅力、つまりはブランドの哲学やチャレンジングな姿勢、モノ…

    増山 直樹

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

    ワダ ソウシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    TASCLAP編集部

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK