伝説的ヒップホップグループ×名作ブーツ。そのセンスを目撃せよ

伝説的ヒップホップグループ×名作ブーツ。そのセンスを目撃せよ

2018.12.08 06:50

クラークス(Clarks)
ブーツ

現在、全世界的にヒップホップシーンに対する注目度が高まっている。今やアンダーグラウンドミュージックの枠を完全に飛び越え、全米のヒットチャートを支配するのはロックではなくヒップホップ。そしてその礎を築いたと言っても過言ではないのが、RZA率いる伝説的グループ、ウータン・クランだ。

グループ名の頭文字である「W」が変形したロゴを見て、思わず「懐かしい!」 と反応する読者諸兄も多かろう。誕生から25年が経った今も彼らのサウンドは古びれず、現在のカルチャーに影響を与え続けている。そして今回、ウータン・クランのアパレルラインである『ウー・ウェアー』が、ニュースを発信。ジャンルは違えど同じくアイコンとして長年愛される『クラークス オリジナルズ』の名作「ワラビー」とのコラボモデルが発表されたのだ。

その汎用性と人気の高さゆえ、これまでさまざまな素材でリリースされてきた「ワラビー」だが、今モデルは『クラークス オリジナルズ』御用達として名高いイギリスのタンナー「チャールズ・F・ステッド社」のスエードを使用。カラーはメイプル、ブラックの他にインラインには存在しないイエローの3種類が用意されている。また、独特のコロッとしたデザインや履き心地の良さはそのままに、今作ではファンにうれしいディテールアレンジも。かかと部分とタグには前述の“W”ロゴが配され、左足のタンには「Enter the Wu-Tang」、右足のタンには「9 November 1993」と、デビュー作から25周年を祝うメッセージをさりげなくプリントしている。この絶妙なセンスが、実に秀逸だ。「タンにウータン!」とはしゃぐ気持ちを抑え、深く感タンすべき出来栄えなのだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

クラークスジャパン

03-5411-3055

READ MORE合わせて読みたい
シーズン前に押さえよう。クラークスの傑作5モデルと秋の着こなし

シーズン前に押さえよう。クラークスの傑作5モデルと秋の着こなし

100年以上もの歴史を誇るイギリスの名門ブランド『クラークス』。デザートブーツを始め数々の名作を世に送り出してきた同ブランドの魅力や特徴などを改めて探っていこう。

大中 志摩

クラークスの傑作ワラビー。押さえたいカラーとおすすめの着こなし

クラークスの傑作ワラビー。押さえたいカラーとおすすめの着こなし

英国生まれの伝統あるシューズブランド『クラークス』。同ブランドを代表するモデルの1つ、ワラビーの魅力をひも解きながらおすすめカラーや合わせ方を解説します。

コマツ ショウゴ

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

『クラークス』のデザートブーツといえば、流行り廃りとは無縁のマスターピース。暖かいスエード素材で仕立てられたブーツは、秋冬コーデの強い味方になってくれます。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    クラシカルな着こなしの人気が高まっている今だからこそ、ローファーを1足手に入れましょう。主な種類からコーデテクまで、その魅力を余すところなくご紹介します。

    近間 恭子

    レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して

    レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して

    東京・上野を拠点にして日本、ひいては世界のスニーカーシーンを牽引する「ミタスニーカーズ」と『プーマ』とのコラボモデル「セルヴェノム“ステルス”」がゲリラリリー…

    TASCLAP編集部

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    ファッション撮影のロケ現場で、スタイリストやフォトグラファー、エディターの着用率が断トツで高いシューズブランドがある。それがサイドゴアブーツの元祖とも言われる…

    山崎 サトシ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

    トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

    『クラークス』のデザートブーツといえば、流行り廃りとは無縁のマスターピース。暖かいスエード素材で仕立てられたブーツは、秋冬コーデの強い味方になってくれます。

    山崎 サトシ

    BACK