文字盤からクリスマス気分。ギフトにもうれしいジャパンメイドウォッチ

文字盤からクリスマス気分。ギフトにもうれしいジャパンメイドウォッチ

2018.12.08 15:00

マスターワークス(MASTER WORKS)
腕時計

大人になればなるほど高まるのが、複雑機構を搭載した機械式腕時計と誇り高きジャパンメイドの製品に対する憧れ。どちらもモノを知る大人のスタイルを代弁するにふさわしい、ステータスを象徴するアイテムである。だが、往々にして純国産の機械式腕時計というのはなかなか手の届かない価格帯に位置しているもの。だからこそ人生の節目にと計画を立て、生活を切り崩しながら積み立てを行うこともいとわないのだが、やはり少しでもお手頃にそんな逸品に出会えるのならそれに越したことはないだろう。

そんな大人のわがままを叶えてくれたのが、2018年6月に誕生したばかりのニューフェイス『マスターワークス』。通常卸していないSEIKO EPSON社製ムーブメントを使用し、各パーツを世界中から取り寄せて組み上げた機械式腕時計が税抜き4万円を切るなんて、にわかには信じがたいことだ。しかもケースの形状、文字盤の構造も独創性に富んでおり、少しばかりの個性を大切にする30代読者諸兄のニーズをしっかりと汲んでいる。もちろんクォーツ式のケースの仕上げも10万円~20万円台の腕時計にも引けを取らない手の込んだものだ。

そんなうれしい価格帯の腕時計だからこそ、いつもの白や黒の文字盤にこだわらず旬を取り入れたくなる。例えば、すっかり定着したネイビーフェイスに続くカラーフェイスの筆頭として、ブームが予想されるグリーンカラー。高級感あふれるイエローゴールドのケースとの相性は抜群で、秋冬の注目株とされるトラッドスタイルと合わせればたちまち品格漂う着こなしが完成する。今回、腕時計のセレクトショップ「チックタック」が『マスターワークス』に別注をかけたのは、そんなこれからのギフトシーズンにぴったりの特別な2モデル。機械式とクォーツ式、そのどちらにも厳選されたイタリアの工房で仕上げられたブラックの替えベルトが付属しており、スタイリングの幅をさらに広げてくれることは想像に難くない。

高機能、高品質、そして少しの個性とトレンド感。1年の締めくくり、そのご褒美として手に入れるアイテムとしてはなかなか気の利いた腕時計ではないだろうか。

DATA

TiCTAC池袋店

03-5391-8376

https://master-works.jp/

READ MORE合わせて読みたい
その作り込み、価格以上。新鋭マスターワークスの腕時計に脱帽

その作り込み、価格以上。新鋭マスターワークスの腕時計に脱帽

2018年6月のデビューより、4万円アンダーとは到底思えない驚異の作りこみにより人気を博している『マスターワークス』。注目されているその理由を、細かく解説していこう。

牟田神 佑介

本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

牟田神 佑介

コスパで選ぶ。オン・オフ使えるメンズ腕時計20選

コスパで選ぶ。オン・オフ使えるメンズ腕時計20選

高価な買い物をするなら金額相応の満足感を得たいもの。むしろ“金額以上の価値”があるほうがベターですよね。その見極め方とコスパに優れた腕時計を厳選し、紹介します。

黒野 一刻

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    それいいね! おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    BACK