名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ

SHARE
記事をお気に入り
2018.12.14 06:50

ようやく冬らしい気温になり、気になるのは真冬を戦い抜くためのアウターと、そのなかに合わせる“アウターを脱いでも安心”なインナーだ。定番を好む我々がまず選ぶべきは、やはりスウェットの王様『チャンピオン』。その名作「リバースウィーブ(R)」シリーズから、独自に開発された高機能スウェット素材「Polypropylene L.W.D.」を採用したモデルが、来る12月15日(土)に限定リリースされるというのだから見逃せない。

ポリプロピレン100%のスウェット素材であるPolypropylene L.W.D.の魅力は、ふんわりとした風合いと驚きの軽さ、そして断熱性の高い保温力だ。ポロプロピレンの特徴を生かすことで、従来の「リバースウィーブ(R)」と比べて23.5%の軽量化と1.27倍の保温性を実現。加えて水分を含まない常にドライな素材特性により、3.8倍の速乾性も兼ね備えているという。

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ 2枚目の画像

「リバースウィーブ(R) クルーネックスウェットシャツ」14,800円(税別)

お気に入り追加

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ 3枚目の画像

「リバースウィーブ(R) プルオーバーフーデッドスウェットシャツ」15,800円(税別)

お気に入り追加

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ 4枚目の画像

「リバースウィーブ(R) スウェットパンツ」15,800円(税別)

お気に入り追加

『チャンピオン』の創業は、1919年。来年には記念すべき100周年を迎える老舗ブランドだ。今回その輝かしい歴史の解説は割愛するが、生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減し、サイドリブが横縮みの防止と動きやすさを可能にした「リバースウィーブ(R)」においても、誕生は1934年にまで遡る。以来、キング・オブ・スウェットと呼ばれる『チャンピオン』の代名詞として、80年以上にわたり世界中のファンを魅了し続けているのだ。古着好きの間では周知のとおり、リリースされた年代によって素材や縫製が異なり、風合いや伸縮率にも違いが見られる。だが、それがまた「リバースウィーブ(R)」ファン、引いては古着ファンを楽しませている要素の1つになっている。事実、ここ数年は80~90年代のトリコタグや刺繍タグのMADE IN USAモデルが古着市場で人気を博しているのだ。

もちろん現在も当時のモデルが多数リリースされているが、あくまで忠実に再現した復刻モデルであり、今回の新作とは少し趣きが違う。ボディの厚みや肌触りの良い風合いはそのままに、明らかに軽くなったまさに次世代の「リバースウィーブ(R)」。発売はカットソーにフォーカスした直営店「チャンピオン スウェッツ アンド ティーズ ハラジュク」のみ。数量限定のスペシャルアイテムには、きっと玄人もうなるはずだ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

チャンピオン スウェッツ アンド ティーズ ハラジュク

03-5468-8451

東京都渋谷区神宮前6-14-6

http://www.championusa.jp/

READ MORE合わせて読みたい
キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

ウェア・コーデ

キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

スポーツMIXとして取り入れやすいアイテムが揃い、かつオンシーズンということもあって注目の『チャンピオン』。同ブランドの強みや魅力を明らかにしていこう。

菊地 亮

2020.10.10

リバースウィーブとは? チャンピオンの代表作ならではの魅力とおすすめ12選

ウェア・コーデ

リバースウィーブとは? チャンピオンの代表作ならではの魅力とおすすめ12選

リバースウィーブといえば、『チャンピオン』の象徴的な存在。ここでは、時代や性別を超えて愛され続ける理由を探りつつ、最新作やコーデサンプルをお届けしていきます。

山崎 サトシ

2020.11.27

スウェット迷子なら押さえたい、人気13ブランドと選び方のポイント

ウェア・コーデ

スウェット迷子なら押さえたい、人気13ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2019.10.01

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事