名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ

SHARE
記事をお気に入り
2018.12.14 06:50

ようやく冬らしい気温になり、気になるのは真冬を戦い抜くためのアウターと、そのなかに合わせる“アウターを脱いでも安心”なインナーだ。定番を好む我々がまず選ぶべきは、やはりスウェットの王様『チャンピオン』。その名作「リバースウィーブ(R)」シリーズから、独自に開発された高機能スウェット素材「Polypropylene L.W.D.」を採用したモデルが、来る12月15日(土)に限定リリースされるというのだから見逃せない。

ポリプロピレン100%のスウェット素材であるPolypropylene L.W.D.の魅力は、ふんわりとした風合いと驚きの軽さ、そして断熱性の高い保温力だ。ポロプロピレンの特徴を生かすことで、従来の「リバースウィーブ(R)」と比べて23.5%の軽量化と1.27倍の保温性を実現。加えて水分を含まない常にドライな素材特性により、3.8倍の速乾性も兼ね備えているという。

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ 2枚目の画像

「リバースウィーブ(R) クルーネックスウェットシャツ」14,800円(税別)

お気に入り追加

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ 3枚目の画像

「リバースウィーブ(R) プルオーバーフーデッドスウェットシャツ」15,800円(税別)

お気に入り追加

名作を超える名作。新素材を搭載した高機能リバースウィーブ 4枚目の画像

「リバースウィーブ(R) スウェットパンツ」15,800円(税別)

お気に入り追加

『チャンピオン』の創業は、1919年。来年には記念すべき100周年を迎える老舗ブランドだ。今回その輝かしい歴史の解説は割愛するが、生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減し、サイドリブが横縮みの防止と動きやすさを可能にした「リバースウィーブ(R)」においても、誕生は1934年にまで遡る。以来、キング・オブ・スウェットと呼ばれる『チャンピオン』の代名詞として、80年以上にわたり世界中のファンを魅了し続けているのだ。古着好きの間では周知のとおり、リリースされた年代によって素材や縫製が異なり、風合いや伸縮率にも違いが見られる。だが、それがまた「リバースウィーブ(R)」ファン、引いては古着ファンを楽しませている要素の1つになっている。事実、ここ数年は80~90年代のトリコタグや刺繍タグのMADE IN USAモデルが古着市場で人気を博しているのだ。

もちろん現在も当時のモデルが多数リリースされているが、あくまで忠実に再現した復刻モデルであり、今回の新作とは少し趣きが違う。ボディの厚みや肌触りの良い風合いはそのままに、明らかに軽くなったまさに次世代の「リバースウィーブ(R)」。発売はカットソーにフォーカスした直営店「チャンピオン スウェッツ アンド ティーズ ハラジュク」のみ。数量限定のスペシャルアイテムには、きっと玄人もうなるはずだ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

チャンピオン スウェッツ アンド ティーズ ハラジュク

03-5468-8451

東京都渋谷区神宮前6-14-6

http://www.championusa.jp/

READ MORE合わせて読みたい
リバースウィーブとは? チャンピオンの代表作ならではの魅力とおすすめ10選

ウェア・コーデ

リバースウィーブとは? チャンピオンの代表作ならではの魅力とおすすめ10選

リバースウィーブといえば、『チャンピオン』の象徴的な存在。ここでは、時代や性別を超えて愛され続ける理由を探りつつ、最新作やコーデサンプルをお届けしていきます。

山崎 サトシ

2020.11.27

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

ウェア・コーデ

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2021.09.22

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

この冬はブーツ&革靴が人気復活。アンダー5,000円でGUと叶える旬な“足元改革”

トレンド継続のリラックスコーデ。ただし、足元はブーツ&革靴で上品に仕上げるのが今季の新常識です。賢く足元を格上げするなら『GU』のハイコスパな新作に頼るのが正解!

SPONSORED by GU

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP