白きコラボウォッチに、洗練のミリタリズムを見る

白きコラボウォッチに、洗練のミリタリズムを見る

2018.12.17 23:00

ルミノックス(LUMINOX)
腕時計

ワイルドで、タフで、精悍……、軍モノに対する憧れは男なら誰しも抱いたことがあるはずだ。だからこそ「ミリタリー」というジャンルは、ファッションにおいても重要な要素として君臨している。もちろん、それは腕時計においても同様。軍事行動における計器としての側面を持つゆえに、ミリタリーをアイデンティティとする時計メーカーは多い。なかでも“ミルスペック”と呼ばれるアメリカ軍の基準をクリアしたアイテムは、ある種のステータスを有している。

今回紹介するこの白い腕時計に話を移そう。ダイヤルに刻まれたロゴは、『ルミノックス』と『ブリーフィング』のもの。アメリカ軍を筆頭に、戦う男たちから圧倒的支持を集める2ブランドが手を組んだコラボウォッチであることを示している。

一見爽やかで洗練されたルックスの腕時計だが、実は十分すぎるほどミリタリー的なスペックを備えている。耐久性・防水性に優れた仕様であるのは言わずもがな、昼夜を問わず発光し続ける自己発光型イルミネーションシステム「ルミノックス・ライト・テクノロジー」を搭載しており、海中や暗闇でも視認性を確保。ベゼルと針には部分的に『ブリーフィング』のシンボルカラーである赤を配し、ホワイトカラーにアクセントも添えた。また、裏蓋には『ブリーフィング』の20周年を祝う限定ロゴを配置。さらには耐衝撃性、耐熱性、耐燃性に優れた『ブリーフィング』製のスペシャルボックスが付属するなど、そのプロダクトの各所に両ブランドによる抜かりのないこだわりがうかがえる。

ともに軍モノを出自とする両雄による、生粋のミリタリズムを宿すコラボウォッチは、2019年元日に発売開始予定。『ブリーフィング』21年目の所信表明、そして『ルミノックス』の新たな可能性を示唆する1本になりそうだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

BRIEFING 新宿店

03-5925-8373

https://www.briefing-usa.com/inside/308

READ MORE合わせて読みたい
ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ミルスペックに準拠した屈強性とタウンユースを考慮した収納性、適度に男っぽさが薫るデザイン性を兼ね備えた『ブリーフィング』のバッグは大人の定番品。徹底解説します!

平 格彦

個性派実用腕時計の殿堂、アメリカ発の名門ブランド

個性派実用腕時計の殿堂、アメリカ発の名門ブランド

ロレックスを筆頭に、世界の時計市場を席巻しているスイスブランド。その一方で、カジュアルウォッチを中心に、根強いファンが存在しているのがアメリカブランドです。

MASAFUMI YASUOKA

アンダー5万円で探す高防水性腕時計10選

アンダー5万円で探す高防水性腕時計10選

屋外でのアクティビティが増える、夏。水辺のレジャーやアウトドアのお供として最適な、防水性能を備えた腕時計を5万円以内で厳選した。

小林 大甫

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

    ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

    夏目 文寛

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

    季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。TASCLAP読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックす…

    編集フカザワ

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

    腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした…

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK