フランス発の“アートケイ”。そのフルラインアップがついに見参

フランス発の“アートケイ”。そのフルラインアップがついに見参

2018.12.27 15:00

ラプス(LAPS)
腕時計

気負わず身に着けられ、ファッションの“遊び”として使える。これぞ、重厚な高級機械式時計にはないカジュアルウォッチならではの楽しみ方といえよう。コーディネートのアクセントとして機能するような、いわばアクセサリー感覚の時計選びは、おしゃれの幅を一段と広げてくれるに違いない。

どうしても重く、暗くなりがちな冬の装いに一筋の光明を……。そんなときにぜひおすすめしたいのが、フレンチブランド『ラプス』のシグネチャーコレクションだ。デザイナー兼クリエイターのアントナン・メルシェ氏がパリのマレ地区で立ち上げた同ブランドは、歴史上の遺産などをモチーフに独特の世界観を構築。絶妙なレクタングルケースが囲う美しいダイヤルデザインは、まるで額縁におさめられた絵画のよう。アクセサリーの枠を飛び超え、芸術と呼ぶにふさわしい出来栄えだ。

これまでは限られた店舗やポップアップのみでお披露目されてきた『ラプス』だが、その最新コレクションがこの度、人気セレクトショップ「ビームス」にてフルラインアップされる。例えば、向かい合った骸骨のイラストが“メメント・モリ”的なメッセージを伝える1本から、中世日本の女武芸者を描いたもの、ルワンダ最後の女王であるロザリー・ギカンダ氏の横顔を模したデザインまで幅広く展開。さらに見所はダイヤルだけにとどまらず、容易に交換可能なマルチカラーのバンド、日本製の高性能クォーツムーブメントなど随所にこだわりが封入されている。

普段から時計をする人も、しない人も。ついに本格上陸したアートな時計=“アートケイ”、その実力をぜひ感じ取ってほしい。

Text_Naoki Masuyama

DATA

14ショールーム

03-3403-2772

http://www.laps.fr/fr/

READ MORE合わせて読みたい
改めて、スウォッチ。時計業界に衝撃を与えた人気モデルを手に入れる

改めて、スウォッチ。時計業界に衝撃を与えた人気モデルを手に入れる

1990年前後に空前のブームを巻き起こした、ファッションウォッチの象徴『スウォッチ』。斬新なデザインと価値観は今もなお新鮮で、我々の所有欲を掻き立てる。

ワダ ソウシ

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

北欧特有のミニマリズムを体現する『トリワ』の腕時計。実用性とファッション性を兼ね備える同ブランドのラインアップの中でも、人気のモデルを厳選した。

大中 志摩

コモノの腕時計に“小物感”なし。手に入れたいおしゃれモデル16選

コモノの腕時計に“小物感”なし。手に入れたいおしゃれモデル16選

美しくてユニークで便利、と女性から火がついた『コモノ』の腕時計。実は、ユニセックスで使えるものがとりわけ豊富で、男性陣にも推薦したいモデルが多々あるのだ。

菊地 亮

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

    世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

    軽いアウターですら出番のなくなってくるシーズンには、身軽な装いをアップデートできるセンスの良いアクセサリーが欲しくなる。ブレスレット、ネックレス、リングも大い…

    増山 直樹

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK