あえて多くを語らない。“バンクシー”モチーフのミステリアスな魅力

あえて多くを語らない。“バンクシー”モチーフのミステリアスな魅力

2019.01.09 06:50

トップス
Tシャツ

Tシャツやスウェットシャツは、その普遍的な形とデザインの幅広さから、しばしば絵画におけるキャンバスに例えられる。イラストや写真、ブランドロゴなどを載せたそれらは、着る人の趣味嗜好を雄弁に物語ってくれる。大袈裟に言うなら、着用者本人を表す名刺代わりにもなりうるものだ。

そこで今回のアイテムに注目。それぞれ白、グレー、黒、ピンクの4色で展開されるTシャツ&スウェットシャツのフロントには、どこか意味深で見覚えのあるイラストが描かれている。そう、これらはすべて覆面アーティスト、バンクシー氏のアートワーク。世界各地で風刺的なグラフフィティアートを描くバンクシー氏は、高い知名度にもかかわらず素性が明かされていないミステリアスな存在だ。本人を特定しようとさまざまな憶測が飛び交っているが、非公式な情報が多く真実は依然明らかにされていない。そんな背景を持つ彼の作風は、ユニークかつアイロニック。昨年10月にはサザビーズのオークションにて高額で落札されたバンクシー氏の絵画が、同作品に内蔵されていたシュレッダーによって参加者の目の前で瞬く間に切り刻まれた。そしてその“イタズラ”の模様をみずからインターネット上で公開するというぶっ飛んだ行動でも話題を呼んだ。

話をTシャツとスウェットシャツに戻そう。文字通りキャンバスとなったボディに描かれるのは「Lizzie Stardust」「Flower Bomber」「Laugh Now」という、バンクシー氏の3つの代表的なアート作品だ。これらの作品の意味は彼の正体同様に明らかにされていないが、ファンサイトを巡りながらあれこれ考えるのも楽しいはずだ。これらのアイテムは着る人の内面をどう語ってくれるのか。ミステリアスで、風刺的。そして、プリントされたアートは匿名性も備えている。つまり、プリントが載っているにもかかわらず無地のTシャツ&スウェットシャツのような“あえて語らない”魅力を備えているということだ。

……と、いろいろ語ってはみたものの、難しいことを抜きにしてグラフィックがイケてるから着る。それでいいのかもしれない。

Text_Naoki Masuyama

DATA

エープレス

03-6416-4640

READ MORE合わせて読みたい
スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

平 格彦

ロゴTシャツはこれが正解! 大人に似合うおしゃれブランド

ロゴTシャツはこれが正解! 大人に似合うおしゃれブランド

ストリート感やスポーツ調を演出できるロゴTシャツが今季も人気。ポイントさえ押さえれば、大人っぽく着こなすのは簡単です。その解説から推奨ブランドまで網羅して紹介!

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    寒さは残るが暦の上ではもう春。そろそろ次のファッショントレンドを押さえる頃合いだろう。人気セレクトショップに聞いた注目キーワードから、今春の流行が見えてきた。

    菊地 亮

    フリークス ストア×デニム大国が贈る、今っぽいシルエットの“サステナ”な服

    フリークス ストア×デニム大国が贈る、今っぽいシルエットの“サステナ”な服

    2015年に国連でSDGs(=持続可能な開発目標)が提唱されたのを機に、世界中で“サステナブル(=人類・地球環境の持続可能な発展)”という言葉が注目されています。SDGsに…

    髙須賀 哲

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき15枚

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき15枚

    ロンTは、秋冬はインナーとして、春は主役トップスとして役立ちます。大人が選ぶべき人気の定番ブランドやトレンド感のあるおすすめの1枚を、ロンT探しの参考に。

    山崎 サトシ

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    レインメーカーの服とは? 京都発ウェアブランドのこだわりとラインアップ

    レインメーカーの服とは? 京都発ウェアブランドのこだわりとラインアップ

    東京コレクションへの参加を機に、ファッショニスタを中心にますます注目されている『レインメーカー』。その魅力を読み解きつつ、おすすめアイテムをご紹介します。

    近間 恭子

    BACK