70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

70年の歴史を宿して。このスニーカーと、この先もずっと

2019.01.17 12:00

オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)
スニーカー

トレンドの先端を行くようなダッドスニーカーもいい。並ばなくては買えないような限定プレミアスニーカーも素敵だ。でも、さまざまな経験を積んで自分のスタイルを持つ大人にとってもっとも物欲をくすぐられるのは、飽きがこず、いつの時代も寄り添ってくれるシンプルなスニーカーではないだろうか。その点で『オニツカタイガー』の新作は、我々のツボを絶妙に押さえている。

足にぴったりフィットするフォルム、存在感のあるステッチワーク、アイコニックなメタルアイレット、厚めのラバーソウル。そんな特徴的なディテールが、ミニマルなビジュアルにレトロな雰囲気を漂わせる。それもそのはず、「オーケー バスケットボール」と名付けられたこのスニーカーは、『オニツカタイガー』創業70周年モデルにして、1950年に誕生した歴史的1足を背景に持つ。当時のモデルはハイカットのみの展開だったが、今回はハイ&ローの2パターンで登場。それぞれ合成繊維と天然レザーの2素材が用意され、選択肢の幅を広げている。しかも、当時のビジュアルイメージはそのままに、履き心地はモダンにアップデート。クッション性と反発性を備えた成型インナーソールを用い、快適性が高まっている。さらには、シュータンにスペシャル仕様のタイガーロゴを採用。ブランドの創業地である「KOBE」の刺しゅうが、確かな品質をさり気なく主張する。

今でこそ世界的に有名な『オニツカタイガー』だが、その歩みは決して平坦ではなかった。創業者の鬼束喜八郎氏は、素人の立場からシューズ作りを学び、現場を駆け回ったという。そんな氏の、まさしくDNAが宿るスニーカー。流行に振り回されない大人の足元を彩るのにうってつけだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

アシックスジャパン株式会社 お客様相談室

0120-068-806

https://www.onitsukatigermagazine.com/

READ MORE合わせて読みたい
日本から世界へ。オニツカタイガーの人気スニーカー9選

日本から世界へ。オニツカタイガーの人気スニーカー9選

ハイテクスニーカーが隆盛するなかでも、レトロスニーカー人気は衰えていません。特に大人に推奨したいのが、海外でも人気爆発中の復刻ブランド『オニツカタイガー』です。

山崎 サトシ

ジャパンメイドの真髄。オニツカタイガーのコーデ術

ジャパンメイドの真髄。オニツカタイガーのコーデ術

世界的なスニーカーブームの中、ヨーロッパを中心に爆発的な人気を集めているオニツカタイガー。レトロなデザインや、その特徴的なネーミングに熱い注目が集まっている。

NAKAYAMA

ゲルライトが代名詞。秀作が揃うアシックスタイガーのスニーカー

ゲルライトが代名詞。秀作が揃うアシックスタイガーのスニーカー

長く続いているスニーカーブームですが、その牽引役として一翼を担うのが『アシックスタイガー』。人気のゲルライトシリーズを始め、今の気分にハマる逸品をお届けします。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    人気のブランドと合わせ方はコレ! 今こそローファーを履こう

    クラシカルな着こなしの人気が高まっている今だからこそ、ローファーを1足手に入れましょう。主な種類からコーデテクまで、その魅力を余すところなくご紹介します。

    近間 恭子

    バスケを知ろうが知るまいが。オールスターゲームの熱を”足”で感じよう

    バスケを知ろうが知るまいが。オールスターゲームの熱を”足”で感じよう

    昨年からドラフト制を採用し、ますます盛り上がりを見せるNBAオールスターゲーム。68回目を迎える今年のゲームは、ノースカロライナ州シャーロットで開催される。ノース…

    増山 直樹

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    ファッション撮影のロケ現場で、スタイリストやフォトグラファー、エディターの着用率が断トツで高いシューズブランドがある。それがサイドゴアブーツの元祖とも言われる…

    山崎 サトシ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    大人の男性であればTPOはわきまえてしかるべき。衣類は考慮しがちですが、足元への注意を怠ってはいませんか? TPOにそった革靴を選べるよう、基本を押さえましょう。

    池田 やすゆき

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK