オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ

2019.01.23 23:00
SHARE
記事をお気に入り

英国王室御用達のアウトドアウェアブランド『バブアー』と言えば、1980年発表の乗馬用アウター「ビデイル」を筆頭としたワックスドジャケットでおなじみ。オン・オフどちらの装いの格上げにも使え、かつ着込むほどに味が増すことから同ブランドのワックスドジャケットを愛用している大人も多いはず。かくいう筆者も「ビデイル」愛用者の1人だ。

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 2枚目の画像

お気に入り追加

『バブアー』愛好家であれば1度は足を運んでおきたいのが、渋谷店で行われている恒例イベント「バブアー ピープル ミーティング」。回を重ねるごとに盛り上がりを見せるこちらのイベントはファン同士の交流を目的にスタートし、2019年1月30日(水)の開催で4回目を迎える。ワックスドジャケットを愛用するうえで必須となるリプルーフ(ワックスのつぎ足し)の詳しい工程を熟練スタッフがレクチャーしてくれるなど、かゆいところに手が届く内容はコアなユーザーが集まるファンミーティングならでは。用意されたドリンクを楽しみながら、ゆっくりと最新作が見られるのもうれしい限りだ。

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 3枚目の画像

お気に入り追加

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 4枚目の画像

お気に入り追加

そのほか、当日はブランドの手掛けているファッションスナップサイト「バブアー ピープル」の撮影も実施。撮影されたスナップ写真をSNSに投稿した参加者には、ブランドオリジナルのバッジがプレゼントされる。我こそは! という方はぜひ名乗りを上げてもらいたい。

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 5枚目の画像

お気に入り追加

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 6枚目の画像

お気に入り追加

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 7枚目の画像

お気に入り追加

会場ではポップな作風でファッション雑誌やブランドから引っ張りだこの人気イラストレーター・foxco(フォクスコ)氏のライブペイントも同時開催。その場でイラストを描いてもらえる貴重な機会となっている。なお、イベントはショップ閉店後の夜間に行われる(20:15~22:00)ため、日中に時間が取れないという多忙なビジネスマンでもご安心を。希望者は誰でも参加OK、もちろん参加費は無料だ。さあ、お気に入りの『バブアー』を羽織って、夜の渋谷店へと繰り出そう!

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 8枚目の画像

お気に入り追加

オイルドジャケット愛好家が集う、バブアーの夕べ 9枚目の画像

お気に入り追加

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

バブアー渋谷店

03-6450-5993

東京都渋谷区神宮前6-17-15

https://www.japan.barbour.com/

READ MORE合わせて読みたい
英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

ウェア・コーデ

英国ブランド・バブアーの顔、ビデイルを持っているか

一生モノに出会う30代。人生の節目に手に入れる1着として、英国のロイヤルワラントブランド『バブアー』のビデイルを候補に入れておきたい。

牟田神 佑介

2022.10.05

バブアーの次なる1着。ひざ上丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

ウェア・コーデ

バブアーの次なる1着。ひざ上丈のボーダーか短丈のスペイか、どっちを狙う?

「ビデイル」を筆頭に、名作揃いの『バブアー』。その中でも今の気分を反映するなら、ロング丈の「ボーダー」か、ショート丈の「スペイ」が狙い目です!

平 格彦

2022.10.21

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

ウェア・コーデ

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

英国で誕生し、紳士の必須ブランドとして長きにわたって愛されている『バブアー』。その変わらぬ人気の秘密を、その歴史と名品の数々から読み解いていきます。

髙須賀 哲

2021.10.11

バブアーの人気4定番を攻略! コーディネート術をファッショニスタに学んでみよう

ウェア・コーデ

バブアーの人気4定番を攻略! コーディネート術をファッショニスタに学んでみよう

冬の街を席巻している『バブアー』。ですが、周囲とコーデがカブるとおしゃれの楽しさも半減します。そうならないよう自分なりの装いを楽しむヒントをご紹介しましょう。

遠藤 匠

2022.11.21

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP