腕元から平和を願う。世界でもっとも付加価値のある金属とは?

腕元から平和を願う。世界でもっとも付加価値のある金属とは?

2019.01.22 06:50

腕時計

そろそろ平成が終わる。4月には新たな元号が発表されるが、はたしてどんな名前が採用されるのか。現状では「平和」や「和平」といった案が人気を集めているようだ。比較的安全に暮らせる日本においてさえ、より安心できる環境こそが第一の願いだという表れなのだろう。そんななか世界に目を向けてみれば、さらに過酷な状況に満ちあふれている。例えば世界中には何百万本もの違法銃器が存在し、それらによって毎分1人が命を落としているのだという。

そんな不安定な社会に一石を投じるのが、スウェーデンの腕時計ブランド『トリワ』の新作だ。持ち前のシンプルなデザインはそのままに、素材にヒューマニウムメタルを採用。これこそ「世界でもっとも付加価値のある金属」と謳われるマテリアルだ。原材料は回収された違法銃器で、解体と焼却、溶接を経てインゴット型に成形される。つまり、人を傷つけるために生まれた銃器が破壊され、新たに有益なものとして生まれ変わるのだ。この素材は2017年に、世界の優れた広告やPR活動を表彰する「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」において「ライオンズイノベーション」を受賞し、世界中で注目されている。

話を時計に戻そう。荒い目を残すブラッシュ&滑らかなポリッシュ、相反する2つの加工で仕上げられたヒューマニウムメタルのケースは、武骨でありながら繊細。ヘアライン加工が施されたダイヤルの3時位置には赤のワンポイントがあしらわれ、ビジュアルのアクセントとなりつつ銃器に対する強い反意を示している。また、ストラップの素材には再生ペットボトルを利用し、環境面にも配慮した実にコンセプチュアルなモデルとなっている。なお、ホワイト文字盤のサイズ違い(39mm、34mm)で展開される2モデルは各10本限定、グレー文字盤は39mm径が150本、34mm径が130本限定での販売。売り上げの一部は、紛争地域の復興や武器によって負傷した被害者の支援に使われるとのことだ。

この時計を腕に巻くことで、すぐさま世界的平和が訪れるわけではない。ただ、未来の平和を強く願う気持ちは示せるはずだ。その想いの大切さは、どんな元号になっても揺らぐことはないだろう。

Text_Naoki Masuyama

DATA

アイ・ネクストジーイー

03-5496-4317

https://www.nordicfeeling.jp/

READ MORE合わせて読みたい
素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

素材もデザインも上質。トリワの腕時計こそこだわる大人のベストバイ

北欧特有のミニマリズムを体現する『トリワ』の腕時計。実用性とファッション性を兼ね備える同ブランドのラインアップの中でも、人気のモデルを厳選した。

大中 志摩

腕にまとうアート。時計ブランドの急先鋒が見せる北欧デザインの粋

腕にまとうアート。時計ブランドの急先鋒が見せる北欧デザインの粋

北欧デザインの要素とは何か、と問われてさっと答えられるだろうか。雑貨にしろ、インテリアにしろ、普段何気なく取り入れて知ったつもりになっている“北欧〇〇”の数々…

編集ムタガミ

時計ライター厳選!5万円以下の“買い”な腕時計15選

時計ライター厳選!5万円以下の“買い”な腕時計15選

5万円あれば、機械式の腕時計だって買えちゃう時代。ただし、セレクトに悩む人も多いはず。ということで今回は、高品質&安心価格をモットーに、選りすぐりの15本をご紹介。

黒野 一刻

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

    3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

    腕時計の世界は奥が深い。計器としての信頼性やモノとしての価値を大切にしながら、ブランドの歴史と背景が複雑に絡み合って1本の時計として表現される。特にクラシカル…

    増山 直樹

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    フランス生まれの腕時計ブランド、『ベル&ロス』。歴史こそ古くありませんが、優れたデザインとその裏側を支える信頼性は老舗・名門にまったく引けを取りません。

    増山 直樹

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』プロスペ…

    TASCLAP編集部

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK