春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着

SHARE
記事をお気に入り
2019.01.28 06:50

20代の頃のようには、無茶な踏ん張りが効かなくなってくる30代。仕事に家庭にと追われ、ちょっと疲れたな……、という日の朝につい手が伸びてしまうスウェットシャツがある。毎年改良を加えながらラインアップされ続けている『フィルメランジェ』の一品だ。洗濯を繰り返すにしたがってくったりと柔らかな着心地に変化し、ふんわりと起毛した裏地は素肌に着てもまったくストレスを感じない。同アイテムの上からダウンをざっくりと羽織れば、コーディネートは完成。旧式の吊り編み機を使ってゆっくりと織られた生地はふっくらと柔らかく存在感があり、アウターを脱いでスウェットシャツ1枚になっても手抜き感がないのもうれしい。

そんな、大人の日常をスウェットに代表される上質な着心地のアイテム群でサポートしてくれる『フィルメランジェ』。この2019年の春も、気取らない、自然体のラインアップで構成されたメンズルックが届いた。

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 2枚目の画像

カーディガン「グスタフ」35,000円、Tシャツ「ブライアン」14,000円(ともに税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 3枚目の画像

ジャケット「オルランド」32,000円、Tシャツ「ディジー」12,500円、ショーツ「オスヴィン」20,000円(以上すべて税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 4枚目の画像

ジャケット「スヴェン」38,000円、パンツ「スティーグ」32,000円(ともに税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 5枚目の画像

スウェット「カール」18,000円、肩にかけたパーカー「クライド」25,000円、キャップ「コリン」10,000円(以上すべて税抜)

お気に入り追加

『フィルメランジェ』というとカットソーやニットなどのインナーアイテムに目が行きがちだが、春からの着こなしにもってこいの羽織りものもふんだんに揃っている。秋冬などはウールかカシミヤをふんだんに使用したウォーミーなコート類も人気だが、春夏においてはニットライクでもっと軽い素材感のジャケットや、今の時期は室内着にも使えるリブ編みのカーディガンなどにも注目したいところ。セットアップのトレンドが続いているなか、程良いリラックス感と個性を演出するならゆるく肩の落ちたダブルのセットアップなんかも素敵だ。革靴やスラックスでかっちりとしたバランスに仕上げるのも良いだろうが、あえてサンダルなどを合わせてリラックス感に拍車をかけるのも面白いだろう。『フィルメランジェ』の上質な素材感なら、そんなゆるめのコーデにも説得力を生んでくれる。

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 6枚目の画像

Tシャツ「ヴォルカー」10,000円、ニット帽「ウォーレン」9,000円(ともに税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 7枚目の画像

ポロシャツ「オードニー」17,000円、ショーツ「サンス」18,000円(ともに税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 8枚目の画像

Tシャツ「リック」13,000円(税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 9枚目の画像

Tシャツ「ダグ」15,000円(税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 10枚目の画像

Tシャツ「チーリー2」12,000円(税抜)

お気に入り追加

春からの生活を、少しだけ心地良く。フィルメランジェの日常着 11枚目の画像

Tシャツ「サウロ」16,000円(税抜)

お気に入り追加

もちろん、春に1枚で着たいカットソーやニットトップスも大充実。ベーシックなクルーネックだけでなく、モックネックだったり、スポーティなラインをあしらったものだったりとそのバリエーションもさまざまだ。ルックを見てもわかるように、無造作に単体で着た時にだってコーディネートを成立させる“チカラ”があるのが『フィルメランジェ』のアイテムだ。

とはいえ、肩ひじを張って着る必要はみじんもない。いつもの生活に1枚取り入れるだけで毎日がちょっと充実し、明日も頑張ろうという活力を生んでくれる。そんな『フィルメランジェ』のアイテムを、きっとこの春も買い足してしまうに違いない。

DATA

ハウスフィルメランジェ神宮前店

03-6447-1107

東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和外苑レジデンス1F

http://filmelange.com/

READ MORE合わせて読みたい
病みつきになる着心地。フィルメランジェで作る大人の上質コーデ

ウェア・コーデ

病みつきになる着心地。フィルメランジェで作る大人の上質コーデ

ベーシックな大人の着こなしを楽しむためには、品質の高さを際立たせるシンプルなデザインが重要。そんなニーズに応える大人のブランド『フィルメランジェ』を紹介します。

牟田神 佑介

2020.12.23

部屋着にならない、おしゃれなトレーナー活用術

ウェア・コーデ

部屋着にならない、おしゃれなトレーナー活用術

カジュアルウェアの定番アイテムであるトレーナー。部屋着みたいと敬遠している人も多いのでは。今回は部屋着にならないおしゃれなトレーナー活用術を解説していく。

大中 志摩

2018.10.18

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

ウェア・コーデ

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

TASCLAP編集部

2021.03.25

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事