今年度最大級のニュース! ベールを脱いだエア マックス最新作

今年度最大級のニュース! ベールを脱いだエア マックス最新作

2019.01.30 06:50

ナイキ(NIKE)
スニーカー

ついに、というべきか。以前からファンの間で噂が絶えなかったエアマックスシリーズの最新作が、この度『ナイキ』より正式にローンチされる。今作「ナイキ エア マックス 720」は、昨年の「ナイキ エア マックス 270」に続くまったく新しいモデルだ。その特徴が、ソールの全方位をぐるりと囲む“史上もっとも分厚い”エアバッグにある。

早速画像をご覧いただこう。かかとから爪先まで大胆にあしらわれたエアバッグが、まるで宇宙船のような流線型アッパーとドッキング。そのビジュアルは、まさに未来的だ。優れたクッショニング効果により足への負担はもちろん軽減されるだろうが、「もはやそんなことは関係ない!」 と言いたくなるほど圧倒的な視覚的インパクト。否応なく物欲は掻き立てられるだろう。

今モデルはエアバッグの巨大さに加え、カラーリングにも特別な意図が込められている。今のところメンズとレディースで合計8パレットがスタンバイし、そのすべてにおいてアッパー&エアバッグの色が美しく調和。しかもそれぞれに「ノーザン ライツ(=オーロラ)」「サンライズ」「デザート」「シー フォレスト」といった地球上で見られる自然の風景の名を冠している。未来的で宇宙的なフォルムと、地球的な色使い。なんとも意味深な両者の関係にも、このスニーカーの魅力の一端があるに違いない。

気になる発売日だが、スタートは2月1日。まずは「ノーザン ライツ(ナイト)」、「ノーザン ライツ(デイ)」と名付けられたブルー調の2モデルから順次リリースされる。今年度最大級のニューススニーカーを手にして、足を入れ、颯爽と街を歩く。さあ、未来はもうすぐそこだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ナイキ カスタマーサービス

0120-6453-77

https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/sportswear

READ MORE合わせて読みたい
ナイキの人気スニーカー20選。最新作とおすすめのラインアップ

ナイキの人気スニーカー20選。最新作とおすすめのラインアップ

老若男女を問わず多くのファンを獲得している『ナイキ』のスニーカー。最新モデルから定番まで、いま入手できるモデルから選抜した20のおすすめを紹介します。

本間 新

楽でおしゃれ。ナイキのテックフリース最新アイテム

楽でおしゃれ。ナイキのテックフリース最新アイテム

数々の人気スニーカーで有名な『ナイキ』ですが、アパレルのテックフリースも大人気。着心地がラクでイマドキということで、ファッションアイテムとして注目されています。

桐田 政隆

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    今のスニーカー人気の礎は90年代に培われたといって良い。当時、主役を担っていたのが『ナイキ』の「エアマックス」。今なお色褪せない魅力を名モデルとともに振り返る。

    菊地 亮

    ド定番スニーカーの30周年記念モデルが登場。しかも、2モデルも

    ド定番スニーカーの30周年記念モデルが登場。しかも、2モデルも

    社会現象を巻き起こした“95”に象徴されるように、『ナイキ』の「エア マックス」がファッションシーンに与えた影響、功績はあまりにも大きい。その礎を築いたのは、ファ…

    菊地 亮

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    黒スニーカーのおすすめ11選と大人のコーディネート集

    黒スニーカーのおすすめ11選と大人のコーディネート集

    スニーカーはもはやブームではなく、より幅広いスタイルに侵食し、そのポジションを確立しています。だからこそ、大人な印象の黒スニーカーが必須。その魅力に迫ります。

    平 格彦

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ジャケパンスタイルやバックパックでの通勤がOKになるなど、近年、ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。それは足元も例外ではなく、歩きやすくてカジュアルめ…

    髙須賀 哲

    アイテムリスト

    BACK