買い逃した人は注目。アクセントに効くコラボウォッチ第2弾!

買い逃した人は注目。アクセントに効くコラボウォッチ第2弾!

2019.02.01 06:50

Gショック(G-SHOCK)
タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)
腕時計

新年を迎え、はたまた新年度に向けて、TASCLAP読者諸兄にも腕時計を新調しようと考えている人が少なくないのではないだろうか。そこでおすすめなのが、オン・オフ両方のオケージョンに対応可能なこちら。発売予定の2月末を前に、現在先行受注を開始している『タケオキクチ』と『Gショック』のコラボレーションモデルだ。

『Gショック』と言えば、ご存じのとおり腕時計の分野にタフネスという概念を築き上げたパイオニア。1983年に初代の「DW-5000C」がリリースされて以来、あくなき進化を続け、最新のテクノロジーを搭載しながら多くの名作が世に送り出されてきた。そしてそんななかで空前の『Gショック』ブームをはじめ、何度も社会現象を巻き起こしてきたのだ。

話を『タケオキクチ』とのコラボアイテムに戻そう。昨年の春、発売と同時に姿を消した第1弾に続く、ファン待望の第2弾は「DW-6900」をカラーアレンジした逸品。3つのインジケーターが目のように見えることから“3つ目”の愛称で親しまれる定番モデルに、『タケオキクチ』流のエッセンスを加味。マットな質感のブラックボディにアクセントカラーのレッドを効かせた大人な配色に仕上げられている。前回の「DW-5600」同様に、ブラック×レッドで表現された控えめながらもさりげない腕元の主張は、スーツやジャケパンといった装いからカジュアルな着こなしまで、スタイル不問でマッチしてくれるはずだ。

発売に関する気になる情報は、『タケオキクチ』のオフィシャルサイトやInstagramで随時更新されているという。『Gショック』ファンも、第1弾コラボを愛用中の人も、その第1弾を買い逃した人も。2度と手に入れることのできない稀少モデルは、必携の1本になること間違いなし!

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

ワールド プレスインフォメーション

03-6324-2642

http://www.takeokikuchi.com

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

かつてのストリートキッズにも。2018年Gショック新作リスト

かつてのストリートキッズにも。2018年Gショック新作リスト

2018年、生誕35周年のアニバーサリーイヤーを迎えた『Gショック』。ますます充実するラインアップの中から、絶対チェックすべきとっておきの10本をピックアップ。

夏目 文寛

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    デザイナーの遊び心が見え隠れするポールスミスの腕時計

    デザイナーの遊び心が見え隠れするポールスミスの腕時計

    クラシックさやレトロ感の中にも、他にはないポップさが加味された『ポールスミス』の腕時計。コーデのスパイスとしても、もってこいのデザインです。

    八木 悠太

    オーデマ ピゲの格。 一目置かれる腕時計の超絶技巧

    オーデマ ピゲの格。 一目置かれる腕時計の超絶技巧

    『オーデマ ピゲ』と聞いてピンとくる人は時計好きでもなければ少ないはず。時計ブランドのなかでも名門中の名門を、ここでしっかり深掘りしてみましょう。

    夏目 文寛

    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    ご存じの通り、今季はアウトドアものが調子いい。タウンユースにぴったりのシックなダウンジャケットだったり、ゴアテックスを使った機能派のアイテムだったり。寒い冬の…

    増山 直樹

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK