過去と未来が1本の腕時計に。“時”に想いを巡らすロマンチックなリストウォッチ

過去と未来が1本の腕時計に。“時”に想いを巡らすロマンチックなリストウォッチ

2019.02.04 06:50

シチズン(CITIZEN)
腕時計

とあるテレビ番組で、大人になると時が経つのを早く感じるのは「トキメキがなくなるから」だと解説されていた。余計なお世話だと思いつつ、ちょっと気にしている。確かに、日々の忙しさや無駄に増えた知識を言い訳に、日常の何気ない喜びや驚きをスルーしてしまっていたかもしれない。我々大人は、もっと時を楽しまなくてはもったいない気がする。そんな時流を考慮してか、本来は時を計測する道具である腕時計にも“楽しさ”を追求したものが次々と登場。なかでも今回紹介する『カンパノラ』の最新作は、非常にユニークだ。

リューズに加えてプッシュボタンが3つも付いたトノー型ケースに、計8本もの針を装備。これだけで何やら複雑な機構を匂わせるが、実はこちら「パーペチュアルカレンダー」を搭載している。「何それ?」という方に簡単に説明すると、うるう年も含めて月末カレンダー調整が一切いらない特別なカレンダー機能を備えているということ。しかもそれだけではない。2時位置の「未来ボタン」または4時位置の「過去ボタン」を押すことで、1900年から2100年の任意の1日を呼び出し、何曜日かを知ることができるのだ。”その日”を指し示すために多くの針があるわけだが、特に200年カレンダーのスパイラル表示に合わせた年針は、渦巻き星雲を模したロマンあふれる形状になっている点でも見逃せない。

さてこの機構、どう使いこなせばいいのだろう。自分が生まれた日が何曜日だったかを調べるのもいいかもしれないし、10年後の記念日に想像を膨らませてもいいかもしれない。いずれにせよ、この腕時計を眺めながら特別な日を想うことが、“時を楽しむ”第一歩と言えるのではないだろうか。あなたの腕元で過去と未来が交差し、今が刻まれていく。複雑な3次曲線を組み合わせた美しいケースの腕時計には、大人をときめかせてくれるロマンチックなアイデアが詰まっているのだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

シチズン時計お客様相談室

0120-78-4807

https://citizen.jp/

READ MORE合わせて読みたい
腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

プロフェッショナルユースウォッチとして、「信頼性」「機能性」「想像力」という価値観を提案するシチズンの『プロマスター』。その魅力を徹底解剖します。

横山 博之

それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

黒野 一刻

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

    3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

    腕時計の世界は奥が深い。計器としての信頼性やモノとしての価値を大切にしながら、ブランドの歴史と背景が複雑に絡み合って1本の時計として表現される。特にクラシカル…

    増山 直樹

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    フランス生まれの腕時計ブランド、『ベル&ロス』。歴史こそ古くありませんが、優れたデザインとその裏側を支える信頼性は老舗・名門にまったく引けを取りません。

    増山 直樹

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』プロスペ…

    TASCLAP編集部

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK