キャル オー ラインとのコラボキャップでアウトドアMIXもセンス良く

キャル オー ラインとのコラボキャップでアウトドアMIXもセンス良く

2019.02.05 06:50

カブー(カブー)
帽子
キャップ

アウトドア好きはもちろん、ファッション好きからも人気の『カブー』より、アメリカンカルチャーに精通するデザイナー・金子敏治氏が手掛けるブランド『キャル オー ライン』とのコラボメッシュキャップが登場する。

アメリカはシアトル発祥の『カブー(KAVU)』。そのブランド名は、Klear Above Visibility Unlimitedの頭文字を取ったもので、実は航空用語のスラング“CAVU”(Clear Above Visibility Unlimited=限りなく視界良好)をもじったものだとか。ウェビングによるサイズ調整機能を備えた看板商品のストラップキャップは、1996年のアトランタオリンピックで米国カヌー&カヤックチームの公式ライセンス製品にも選ばれたほどの傑作だ。

今回のコラボモデルでは、そんな『カブー』の定番「ソフトビルキャップ」に『キャル オー ライン』らしい遊び心が巧妙にプラスされている。別注ポイントは素材と配色。素材には吸水性に優れたナイロンが100%使用され、配色にはボディだけにとどまらずテープ部分にも抜かりなくこだわりが詰め込まれている。また、通常の「ソフトビルキャップ」では短くて柔らかなツバを、長くハードなものへとアレンジし、これから少しずつ強くなる陽射しから顔全体をしっかりガードしてくれる仕様に。さらには、今回のコラボレーションを謳う “CAL O LINE”のロゴ刺しゅうも程良いアクセントになっている。

ファッション好きにとっては、カジュアルな着こなしに投入すればアウトドアテイストMIXを楽しめるし、キレイめスタイルのハズしとしても活用可能。そしてアウトドア好きにとっては、キャンプやフェスといったアウトドアアクティビティの必需品としても重宝すること請け合いの、まさに使える逸品だ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

ユナイト ナイン

03-5464-9976

READ MORE合わせて読みたい
レジャーに最適。カブーで揃えたい秋冬アイテム

レジャーに最適。カブーで揃えたい秋冬アイテム

『カブー』は厳しいアラスカの自然の中で生まれ、実用性とモダンさを兼ね備えたアウトドアブランド。外せない定番キャップから、秋冬に活躍するウェアまでおすすめを紹介。

ai sato

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド15選

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド15選

カジュアルコーデに変化を与えてくれるキャップは今がまさにオンシーズン。大人に似合うキャップブランドと、おすすめモデルを紹介します。

Hiroshi Watanabe

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    最高峰のスペックを味方に、都会を颯爽と駆け抜ける

    最高峰のスペックを味方に、都会を颯爽と駆け抜ける

    1862年にスイスで設立され、現在では不動の定番アルパインブランドとして世界40カ国以上で展開されている『マムート』。同ブランドが昨年夏にベルリンで発表して話題を集…

    山崎 サトシ

    山でも街でも。ケルティの新作リュックが便利です

    山でも街でも。ケルティの新作リュックが便利です

    アウトドアで使うリュックは機能的だけど、ゴツくて都市生活の場面ではときに少し使いにくい。逆に街使いのリュックは納得の見た目ながら、スペック面では不満が残ること…

    山崎 サトシ

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    愛用者続出。あのブランドの人気ブーツにローカットモデルが誕生

    ファッション撮影のロケ現場で、スタイリストやフォトグラファー、エディターの着用率が断トツで高いシューズブランドがある。それがサイドゴアブーツの元祖とも言われる…

    山崎 サトシ

    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    ご存じの通り、今季はアウトドアものが調子いい。タウンユースにぴったりのシックなダウンジャケットだったり、ゴアテックスを使った機能派のアイテムだったり。寒い冬の…

    増山 直樹

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    目の肥えた高感度な大人たちが多く集まる、代官山の人気ショップ「ナナミカ」。アウトドアでも街でも使えるアイテムを多く展開する同店は、今のトレンドにも似合います。

    山崎 サトシ

    BACK