最先端のタイムピースとともに過ごす、縦横無尽な日常

最先端のタイムピースとともに過ごす、縦横無尽な日常

2019.02.13 06:50

フォッシル(FOSSIL)
腕時計

アナログ、デジタルに並ぶ時計ジャンルとして、すっかりシーンに定着したスマートウォッチ。スマホの普及に伴って実用品というより嗜好品としての役割が強まっていた腕時計だが、このスマートウォッチに関してはギアとしてバリバリの一線級! 単体のスペックはもちろん、スマホや専用アプリとの連動によって機能をカスタムできるなど、秘めたる有用性は計り知れない。今や合理的な日々を送るために欠かせないアイテムとなりつつある。そういった時代の潮流を読み解き、他の時計ブランドに先駆けていち早くウェアラブルデバイス市場に参入し、支持を集めてきたのが米国生まれの『フォッシル』。とくに、今季発表した「フォッシル スポーツ」は出色の出来栄えだ。

全7色のカラバリと、41mm&43mmの2サイズで展開されるバラエティ豊かな今回の新作は、スポーティに着けこなせるアルミケース×シリコンバンドのコンビネーション。そして最大の特徴は、最新プロセッサ「Qualcomm(R)Snapdragon WearTM 3100 Platform」を搭載している点。この新プラットフォームの採用によって24時間以上という長時間のバッテリーライフを実現し、省電力モードならなんと3日間も稼働する。操作はタッチスクリーンで感覚的に行えて、心拍センサーやGPS、防水機能などアクティビティに必要な機能も網羅。急速充電により、約1時間でほぼフル充電できるという点も頼もしい。

仕事から休日、さらには外遊びやワークアウトまで、あらゆるオケージョンで使える「フォッシル スポーツ スマートウォッチ」は、縦横無尽なライフスタイルを送る現代の大人にとってこれ以上ない相棒となりそう。ケースの重さは41mmモデルで25g、43mmモデルで28gと、着けていることを忘れるほどの軽さも嬉しく、体の一部かのように愛用できるはずだ。現在すでに公式オンラインストアでは発売中で、春からは直営店や取扱店でも販売を開始。毎日をもっと充実させるポテンシャルを持ったタイムピースを、ぜひあなたの日常に。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

フォッシルジャパン

03-4578-3360

READ MORE合わせて読みたい
今さら聞けない。スマートウォッチの機能と買いの逸品

今さら聞けない。スマートウォッチの機能と買いの逸品

ラインアップも充実し、腕時計のジャンルとして一般的となったスマートウォッチ。今回は改めてスマートウォッチとは何かを徹底的に解説していこう。

大中 志摩

休日服に合わせたい! ラバーバンド腕時計の選び方

休日服に合わせたい! ラバーバンド腕時計の選び方

ONはしっかり腕時計をしているのにOFFはケータイで済ませてる人、休日服にぴったりなラバー素材の腕時計はいかがでしょう。リーズナブルな価格も魅力です。

CANADA

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

    馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

    ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

    編集ムタガミ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

    須賀 哲

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK