タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

2019.02.15 06:50

シチズン(CITIZEN)
モンベル(mont-bell)
腕時計

ご存じの通り、今季はアウトドアものが調子いい。タウンユースにぴったりのシックなダウンジャケットだったり、ゴアテックスを使った機能派のアイテムだったり。寒い冬のお供としてそうした服を選んだ読者諸兄も多いことだろう。そんな感度抜群な着こなしの腕元にふさわしいのが、このたび発表された新作腕時計だ。

作ったのは『シチズン』。同ブランドはその特徴に合わせていくつかのラインに分かれているが、なかでもプロユースにふさわしく、「信頼性」「機能性」「想像力」という価値観を提案するラインが今年ブランド30周年を迎えた『プロマスター』だ。今回紹介するこちらは、数量限定で登場する日本の総合アウトドアブランド『モンベル』との”コラボモデル”、その第3弾である。

その機能性は、さすがの一言だ。ケース素材には、傷やサビに強く、かつ軽量で肌にも優しいスーパーチタニウムを採用。中身を見ても、言わずと知れた光発電エコ・ドライブに、『モンベル』コラボとして初めてパーフェックスマルチ3000対応のワールドタイムを搭載。電波時計より正確な時刻表示が可能となり、時計としての機能性が向上した。リューズの簡単な操作で世界26都市の時刻を設定できる、ダイレクトフライト機構も頼もしい。

外見はいたってシック。『シチズン』&『モンベル』のダブルロゴ、ワールドタイマーの各国表示を備えながらこれほどシンプルにまとまっているのは、白眉と言っていいだろう。デュラテクトDLCによりケース表面をさらに硬化させた「CB0177-23E」と、ブルー文字盤が鮮やかな「CB0171-11L」にはそれぞれカーフ革のベルトが付属。一方、バンドまでスーパーチタニウムで統一された「CB0171-89E」の精悍な顔つきも捨て難い。いずれにせよ3本のいずれもが、視認性の高いダイヤルとも相まって、アウトドアユースに限らず街でも頼れるオーセンティックなデザインにまとまっている。

アウトドアな服を手に入れたら、次はアウトドアな時計。その選びのキーワードはもちろん、機能的で、バックボーンがあって、シュッとして見えること。つまり今作が最適ではなかろうか。

Text_Naoki Masuyama

DATA

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807

https://citizen.jp/

READ MORE合わせて読みたい
腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

牟田神 佑介

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

男心に刺さるプロマスター。ハイスペックウォッチの魅力を読み解く

プロフェッショナルユースウォッチとして、「信頼性」「機能性」「想像力」という価値観を提案するシチズンの『プロマスター』。その魅力を徹底解剖します。

横山 博之

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

    牟田神 佑介

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスの場においては腕時計も立派な武器。機能的な意味での実用性はもちろん、デザインやブランドで主張を忍ばせることも肝要だ。背中を預けるに足る、15本をピック。

    TASCLAP編集部

    BACK