レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して

SHARE
記事をお気に入り
2019.02.17 06:50

東京・上野を拠点にして日本、ひいては世界のスニーカーシーンを牽引する「ミタスニーカーズ」と『プーマ』とのコラボモデル「セルヴェノム“ステルス”」がゲリラリリースされた。その趣きは、どことなくトレンドの1990年代を彷彿とさせながらも、単なるダッドスニーカーとは一線を画すクールで洗練された仕上がりとなっている。

出典:mita sneakers

『プーマ』が1990年代にクッショニングテクノロジーとして開発した「CELL」を搭載し、体内に“VENOM(=毒液)”を持つ昆虫をデザインソースにした「セルヴェノム」は、1997年に長距離ランナー向けのトレーニングシューズとして登場。それまでのモデルよりも安定性と耐久性が飛躍的に向上したうえに、1990年代を象徴するヒップホップグループ「ウータン・クラン」のメンバー、ゴーストフェイス・キラー氏が着用するなど、当時はスポーツシーンだけでなくタウンユースとしても高い評価を獲得し、ファンを魅了した。

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 2枚目の画像

お気に入り追加

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 3枚目の画像

お気に入り追加

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 4枚目の画像

お気に入り追加

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 5枚目の画像

お気に入り追加

今回のコラボモデルには、そんな「セルヴェノム」をベースに、存在を探知することができない軍事技術「ステルス」から着想を得たというデザインを各所に散りばめている。トゥガードにプリントされた「ミタスニーカーズ」のロケーションコードを、日本人だけが読めないフォントと言われるエレクトロハーモニクスであしらったのもその1つだ。また気になるボディは、トーンの異なるグレーをグラデーション状に配しながらミッドソールに斑点模様を施し、細部に蛍光グリーンを散らしてアクセントにした洗練のカラーリングが目を引く。

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 6枚目の画像

「CELL VENOM "STEALTH" "mita sneakers"」17,000円(税抜)

お気に入り追加

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 7枚目の画像

お気に入り追加

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 8枚目の画像

お気に入り追加

レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して 9枚目の画像

お気に入り追加

素材にはマットな質感のヌバック、通気性に優れたメッシュ、耐久性のあるシンセティックレザーを組み合わせることで、ソールユニットだけにとどまらずアッパーでもデザイン性と機能性を融合。まさに半歩先をいく逸足へと仕上げられている。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

ミタスニーカーズ

03-3832-8346

https://www.mita-sneakers.co.jp

READ MORE合わせて読みたい
ボリューム感とレトロなルックス。今欲しいダッドシューズ8ブランド

スニーカー・シューズ

ボリューム感とレトロなルックス。今欲しいダッドシューズ8ブランド

昨今のスニーカー事情における話題の中心といえば、ダッドシューズだろう。流行に至った背景を解説しながら、編集部が厳選した8ブランドを紹介していく。

深澤 正太郎

2018.06.23

再注目。プーマのディスクブレイズが懐かしく新しい

スニーカー・シューズ

再注目。プーマのディスクブレイズが懐かしく新しい

90年代に席巻したスニーカーバブル。これを牽引してきた一足が、プーマのディスクブレイズだ。再びスニーカーバブルに突入した今、その理想的な大人のスタイルを提案!

菊地 亮

2018.03.26

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事