暖かかったり、寒かったり。雪と晴れの日が交互に来たり。どうにも調子が狂うこの時季は、着る服にも迷いがちだ。しかしそんなことでは気分もアガらない。花見シーズンくらいまでは風が強くて寒かったりもするし……春が恋しい。と、そんな鬱々とした気分を吹き飛ばすようなコレクションが到来した。手掛けたのは『トラディショナル ウェザーウェア』。ゴム引きコートでお馴染み、英国『マッキントッシュ』のカジュアルブランドだ。

「ストームシール(=嵐を遮る)」と名付けられたこちらのコレクションは、すべてのアイテムに3層構造の特別なマテリアルを使用。表裏の生地を貼り合わせ、その間に透湿防水フィルムが挟み込まれている。これにより、優れた防風&防水性を保ちながら浸透性を確保。つまりは雨風に強く、適度に暖かく、しかも蒸れにくいアイテムに仕上がっているのだ。ちなみにこの3層ボンディング生地のすべての縫い目の裏に防水テープをシーリングする点は、前述のゴム引きコートをなぞらえたアイデア。ブランドの背景を伝える、機能的ディテールと言えよう。

そして何より、色がいい。スパイシーオレンジ、カプリブルー、ブライトグリーン……。聞くだけで気持ちもがアガりそうなカラーリングをまとい、春の陽気を体現している。また、袖口や裾にはカラフルなサテンテープをトッピング。その心地良い配色は、ダークトーンになりがちな冬の装いとは明らかに一線を画している。例えば、オレンジカラー&ビッグシルエットがモダンなバルカラーコート「アールハム」は、袖を折り返すと白いサテンテープがお目見え。同様に、ほかのコートはもちろん、ショートパンツやバッグに至るまで、2トーンのリズミカルなコントラストは徹底されている。

重いアウターを脱ぎ、颯爽と春の街へ繰り出す。そんなときに頼りになる、機能的で見た目も軽やかな「ストームシール」コレクション。今はまだちょっと寒くても、これを着た遠くない未来を想像して、気分をアゲていこうじゃないか。

Text_Naoki Masuyama

DATA

トラディショナル ウェザーウェア青山店

03-6418-5712

http://www.tww-uk.com/

READ MORE合わせて読みたい
上質な名作揃い。トラディショナルウェザーウェアのアウターが大人に最適

上質な名作揃い。トラディショナルウェザーウェアのアウターが大人に最適

『マッキントッシュ』のデイリーウェアブランドである『トラディショナルウェザーウェア』。英国らしさと旬な空気感を備えた、上質なラインアップをご紹介しよう。

大中 志摩

ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

シンプルで汎用性が高いステンカラーコートは、大人の必需品。よりおしゃれに、大人らしく着こなすための選び方と、春・秋・冬の3シーズン活用できる着こなし方をご紹介!

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    ついおかわりしたくなる? “腹八分目”なシューズに新作が登場

    ついおかわりしたくなる? “腹八分目”なシューズに新作が登場

    何事にも“いい塩梅”というものがある。例えば普段のファッション。トゥーマッチでは滑稽だし、無頓着すぎるのもいただけない。流行のアウトドアアイテムにしても、本気度…

    増山 直樹

    アークテリクスの名作。アロー22の評判とコーデを紹介

    アークテリクスの名作。アロー22の評判とコーデを紹介

    『アークテリクス(ARC'TERY)』の人気かつ定番リュックのアロー22に注目。長年支持される同アイテムのディテールや特徴、アレンジモデルの詳細を掘り下げる。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    もっと自分らしく。ジースターロゥが提案する、デニムの新たな可能性

    もっと自分らしく。ジースターロゥが提案する、デニムの新たな可能性

    カジュアルファッションの代名詞ともいえるデニムウェアやジーンズ。だからといって着るシーンやスタイルを制限してしまっては、つまらないしもったいない。もっと自由に…

    TASCLAP編集部

    BACK