ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに

SHARE
記事をお気に入り
2019.03.04 06:50

腕時計の購入を検討するときに、意外と悩むのが休日に腕に巻く“2本目”。仕事用にすでに確保してあるであろうフォーマル顔の“1本目”と異なり、自分なりのちょっとした感性だったり趣味を反映したモノが欲しくなる。機能面で優れているのは大前提だが、ふとしたときに視線を集めて「おっ、センス良いね」なんて言われたいのが男心だ。

とはいえ、個性を発揮した結果として大人の着こなしに似合わないような派手派手しい見た目になってしまってはNG。落ち着いたルックスのなかに、ほんの少しのエッセンスが欲しいのだ。例えば今回『Gショック』が「ブルーノート・レコード」とコラボレートした1本なんて、そんなわがままを叶えるのにもってこいと言えるだろう。

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 2枚目の画像

[GST-B100BNR-1AJR]60,000円(税抜)

お気に入り追加

「ブルーノート・レコード」は、1939年の創設以来、80年にわたって音楽シーンを牽引し続けてきた由緒正しいレーベルの1つだ。腕時計と音楽。分野は違えど、その時々の著名人に強い影響を与えてきたという点では『Gショック』と「ブルーノート・レコード」のマッチアップは非常に親和性の高いものだと言える。

採用されたモデルは、大人に似合う重厚さを備えた「Gスチール」から、Bluetoothによるスマートフォンリンクが可能なGST-B100。「ブルーノート・レコード」のブランドカラーがシックなブラックボディに映える、シンプルながらも力強いデザインに仕上がっている。ロゴも文字盤上に配されているだけでなく、余ったストラップを留める遊環に、またレコードの溝を模した刻印と合わせて裏蓋のプレートに、とさまざまな形で配置。もちろんこのコラボモデルが収められるボックスにも両者のブランド名が刻印されており、コレクションアイテムとしても所有欲をそそることは請け合いだ。

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 3枚目の画像

お気に入り追加

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 4枚目の画像

お気に入り追加

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 5枚目の画像

お気に入り追加

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 6枚目の画像

お気に入り追加

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 7枚目の画像

お気に入り追加

ジャズを感じる腕時計。オフの腕元はブルーノート・レコードとともに 8枚目の画像

お気に入り追加

とはいえ、この腕時計を手に取るのにジャズを理解していなければならないとか、「ブルーノート・レコード」のファンでなくちゃいけないなんて堅苦しいことは言わない。型にはまらない、そのときそのときの即興的なあり方がジャズの本質。「なんとなく、かっこいい」ということさえ理解できれば、まずはそれで良いのだ。

DATA

カシオ計算機

03-5334-4869

https://g-shock.jp

READ MORE合わせて読みたい
Gスチール推しの5モデル。容姿端麗なGの魅力を探る

腕時計・ウォッチ

Gスチール推しの5モデル。容姿端麗なGの魅力を探る

『Gショック』がファッションシーンにもたらした影響は大きい。ここ最近で言えば、タフネスデザインの新たなカタチを提示したGスチール。その功績とイチ推しを紹介したい。

菊地 亮

2018.12.31

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

腕時計・ウォッチ

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

2018.03.15

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

腕時計・ウォッチ

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

2019.07.05

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND