新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

新次元のタフネス。Gショックを変える、第3の素材とは?

2019.03.07 06:50

Gショック(G-SHOCK)
腕時計

季節の節目、とくに新生活に向けて欲しくなるのが腕時計だ。TASCLAP読者諸兄もきっと、新作ウォッチのリサーチに励んでいることだろう。編集部も同様に新作をチェックすべく、時計メーカー各社が開催しているメディア向けの内覧会へ足を運んでいる最中だ。そんななか誰もが気になる情報を、先だって都内にて行われた『カシオ』の内覧会にてキャッチしたので、その一部をご紹介しよう。

同社が展開するそうそうたるブランドのなかでも、編集部では『Gショック』の展示ブースに注目。人気シリーズの新作がお披露目される場とあって、メディア関係者の多くが足を止め、ニューフェイスに見入っていた。

数あるトピックスのなかでもっとも興味深かったのが、樹脂やメタルに続く『Gショック』第3の素材として発表されたカーボンの存在である。カーボンと言えば航空宇宙技術の研究から生まれた素材として知られている。既存モデルとしては「Gスチール」のベゼルに採用されたのが記憶に新しいが、高剛性や衝撃吸収性、耐候性に軽量性などの特徴を持つ同素材を、従来以上に活用した新モデルが春以降に登場するという。ここでは3月に発売されるグラビティマスターの新作「GWR-B1000」を例に、どのような形でカーボンが採用され、いかなる作用がもたらされているかを紹介しよう。

同モデルでは、高強度かつ耐候性に優れたカーボンファイバー強化樹脂製ケースで複数の機能性パーツを保護する新たな耐衝撃構造“カーボンコアガード構造”を採用している。これにより、ケースと裏蓋の継ぎ目がない一体構造が実現し、強度の向上と耐衝撃性を確保しつつも軽量化することに成功。また、カーボンを使ったケースの採用により、ボタンシャフトや基板への直接的な衝撃を抑制し、ボタンガードのないデザインへと進化。同ブランドならではのタフネスはそのままに、見た目のスマート化にも貢献している。

“カーボンコアガード構造”の恩恵は、これだけに留まらない。例えば、新型としてお披露目された「GA-2000S」では、この新たな構造によって平置き可能なフラットバンドの装備が可能に。さらに同モデルはスライドレバー式バンドを採用し、従来のモデルでは叶えられなかったバンド交換にも対応している。また、『Gスチール』の「GST-B200」シリーズも、ボタンガードのない構造によって既存の「GST-B100」シリーズからの小型化に成功し、より腕元に馴染むアイテムへと昇華されている。

パーツや構造の話ばかりで「はて?」と感じた方もいるかもしれない。だが、そんな方にこそ実物を見ていただきたいというのが編集部の本音。なぜなら、第3の素材を採用した強靱かつ軽量な『Gショック』のニューフェイスたちは、手に取ってみれば間違いなく“Gショック世代”である我々の心をアツくさせてくれるからだ。

DATA

カシオ計算機

03-5334-4869

https://g-shock.jp

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

Gショックの人気モデル決定版! 90年代を生きた名作から最新作まで

ストリートブーム回帰で、今また人気の高まる『Gショック』。アニバーサリーモデルや新作が続々と登場する中、改めて革新的な歴史と独自性の高さが注目を浴びています。

MASAFUMI YASUOKA

Gスチール推しの5モデル。容姿端麗なGの魅力を探る

Gスチール推しの5モデル。容姿端麗なGの魅力を探る

『Gショック』がファッションシーンにもたらした影響は大きい。ここ最近で言えば、タフネスデザインの新たなカタチを提示したGスチール。その功績とイチ推しを紹介したい。

菊地 亮

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

    編集ムタガミ

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK