進化するトーキョー。15周年のショップとブランドがコラボコレクションを発表

進化するトーキョー。15周年のショップとブランドがコラボコレクションを発表

2019.03.14 06:50

ラブレス(LOVELESS)
ファクトタム(FACTOTUM)
セレクトショップ

『ラブレス』と『ファクトタム』。東京を代表するショップとブランドが、ともに15周年を迎えた。今回ご紹介するのは、それを記念したコラボレーションライン「エルエフ」。平成最後の年に登場した、特別なカプセルコレクションだ。エッジィな香り漂う個性派セレクトショップと、モードとリアルクローズを高い次元で融合させる人気ブランド。違った意味でどちらも東京らしい両者のシェイクハンズだが、『ファクトタム』のデザイナーである有働幸司氏によれば「『ラブレス』が大事にしている“常に変化し続ける姿勢”と、今までにない新しいプロダクトアウトにこだわった」という。

アイテムは全16型26色。「シンプルエレガント」「コンフォート」「ファンクション」という共通キーワードのもと、品の良いタイムレスなワードローブが揃う。たとえば、伝統的なグレンチェックをあえて小さくあしらってモダンに仕立てられたジャケットは、適度なストレッチ性を装備。ゆとりのあるボックスシルエットと短めの着丈を採用し、さらには背抜きで軽量化するなど、機能性とデザイン性を両立した。

ほかにも、前述のジャケットとセットアップで着用できる共地の2タックパンツや、レーヨン・コットン・ポリウレタン混紡のジャカード織りでカモフラ柄を形成したドロップショルダーのポロシャツなどがスタンバイする。『ファクトタム』お得意のジーンズももちろんラインアップ。糸の毛羽を取り除いてクリーンな印象を際立たせた1本は、同ブランドの定番シリーズよりも軽い素材を使用。テーパードラインも、もも周りのゆとりを少し広げるなど、絶妙な変化ながらも確実に時代感を捉えた”らしい”アイテムと言えそうだ。なお、これらはすべて全国の『ラブレス』&『ギルドプライム』のショップと、オンラインストア「サンヨー・アイストア」、およびZOZOTOWNで販売されている。

ところで、『ラブレス』と『ファクトタム』の両者の頭文字からとった「エルエフ」という名前を英語表記にすると、『LF』となる。LFとはラインフィード、つまり”改行”を示すコードとも読み取れるだろう。これまでの15年から、次の15年へ。両者のますますの進化を期待させる、なんとも意味深なコレクションではないか。

Text_Naoki Masuyama

DATA

三陽商会 カスタマーサポート

0120-340-460

READ MORE合わせて読みたい
毎日着たい。ファクトタムのデニムとウェアに注目

毎日着たい。ファクトタムのデニムとウェアに注目

今季も継続して人気を集めるデニム。春に向け新しいデニムを探しているなら日本発のファクトタムは必見。ほかのアイテムも大人にハマる上質なモノがそろう。

大中 志摩

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

TASCLAP編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    テーパードデニムの基本。ブランド毎に選ぶおすすめジーンズ15選

    テーパードデニムの基本。ブランド毎に選ぶおすすめジーンズ15選

    テーパードデニムという言葉は知っているものの、どういうものかよくわからないという男性は多いはず。その特徴や魅力を解説しつつ、おすすめアイテムも紹介します。

    髙須賀 哲

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

    近間 恭子

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    一般的に“非効率”というとネガティブな印象があるかもしれない。しかしながら時として、人の手を掛け、時間をかけた“非効率”から生まれたプロダクトはただならぬ魅力に溢…

    TASCLAP編集部

    BACK