見た目と機能の両立ってこういうこと。春コートを新調するなら、これで

見た目と機能の両立ってこういうこと。春コートを新調するなら、これで

2019.03.28 15:00

シップス(SHIPS)
マーモット(MARMOT)
アウター
コート
ステンカラーコート

その優れた機能性から、アウトドアウェアを街着や仕事着として取り入れることが定番化しつつある。しかし、いかにもアウトドア然とした見た目では、ビジネスのドレスコードにはそぐわない場合も……。そこで求められるのは、アウトドアウェアの機能を持ちつつも、できるだけシンプルなデザインに仕上げられた1着。あえて色みを指定するならば、黒やグレー、ベージュが好ましい。

そんな理想を叶える逸品が、『シップス』によって型から完全別注された『マーモット』のステンカラーコートだ。一見して分かるとおり、ルックスはいたってベーシック。むしろ、ややゆとりがあるサイズ感とAラインのシルエットは、休日着としてもビジネス着としても重宝する程良く旬なリラックス感が楽しめる。

定番アウターであるステンカラーコートをしっかり今どきのデザインにアップデートしているのは、さすがは『シップス』といったところ。そして、『マーモット』ならではのディテールとして2.5レイヤーのゴアテックス素材を採用し、防水性を高めているのも特筆すべきポイントだ。雨天での使用はもちろん、コンパクトにたためるライトな生地感は出張時にも頼りになるだろう。シームテープなど、アウトドアブランドらしいギミックをさりげなく盛り込んでいるのもニクい。

見た目も機能もまさに“我々向き”な1着、ぜひ実物を手に取って春の主力着として活用していただきたい。シックなブラックか、春らしいベージュかは悩みの種だが、いずれにしてもこの2色のカラバリならばシーンを問わずオールマイティに着られるはずだ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

シップス 銀座店

03-3564-5547

https://www.shipsltd.co.jp/

READ MORE合わせて読みたい
ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

シンプルで汎用性が高いステンカラーコートは、大人の必需品。よりおしゃれに、大人らしく着こなすための選び方と、春・秋・冬の3シーズン活用できる着こなし方をご紹介!

平 格彦

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

TASCLAP編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

    マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

    冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

    桂川 千穂

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    寒さは残るが暦の上ではもう春。そろそろ次のファッショントレンドを押さえる頃合いだろう。人気セレクトショップに聞いた注目キーワードから、今春の流行が見えてきた。

    菊地 亮

    男も1着欲しい。スプリングコートの活用術とおすすめブランド

    男も1着欲しい。スプリングコートの活用術とおすすめブランド

    いつものトップスにざっくりと羽織るだけで、簡単に雰囲気あるスタイリングが作れるスプリングコート。名前とは裏腹に春秋と出番のある即戦力アウターについて解説します。

    近間 恭子

    ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

    ステンカラーコートを春秋冬とおしゃれに着こなすためにすべきこと

    シンプルで汎用性が高いステンカラーコートは、大人の必需品。よりおしゃれに、大人らしく着こなすための選び方と、春・秋・冬の3シーズン活用できる着こなし方をご紹介!

    平 格彦

    BACK