ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

2019.04.11 06:50

ラコステ(LACOSTE)
トップス
ポロシャツ

そろそろポロシャツが気になるシーズン。老舗の定番ブランドに頼るのがセオリーではあるが、今シーズンはそんななかでも、ありそうでなかったコラボレーションアイテムに目を向けてみてはいかがだろうか?

紹介するのは『ラコステ』が展開する、キース・ヘリング氏とのコラボレーションコレクション。『ラコステ』が得意とするポロシャツをはじめ、Tシャツやシャツなど数々のアイテムにヘリング氏ならではのアイコニックなピクトグラムが縦横無尽に描かれたり、さりげなく配置されたりと実にポップでカラフルな仕上がりだ。

シャツの袖をカットしてポロシャツを生み出したルネ・ラコステ氏と、街角の壁に描いた落書きを芸術へと昇華させたヘリング氏。両雄の“ルールに縛られない、自由でユニークな発想”の共演ともいえるコラボコレクションは、4月17日(水)までラコステ各店舗(一部店舗を除く)と、以下に記載したURLにて販売されている。ちなみに、「ラコステ渋谷店」では店舗限定アイテムとして、ウォレットやクラッチバッグ、シューズなども購入可能。代々木公園でのお花見や、渋谷近辺での“春モノ買い”の際には、ぜひ立ち寄って限定モノもチェックしていただきたい。

DATA

ラコステお客様センター

0120-37-0202

https://www.lacoste.jp/

※4月17日までの期間限定でKEITH HARING Special Update@LACOSTE Shibuya実施中。 「ラコステ渋谷店」 ■住所:東京都渋谷区渋谷1-15-19 ■営業時間:11:30~20:30

READ MORE合わせて読みたい
ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの定番ブランド『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力です。なかでも支持率が高い「L1212」、その特徴とスタイリングを解説します。

モチヅキ アヤノ

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが重要。そこで大人にふさわしいポロシャツのコーデのヒントや実例、即戦力となる人気ブランドを紹介します。

編集フカザワ

ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

ラコステのメンズスニーカー、おすすめとコーデを紹介

『ラコステ』といえばポロシャツですが、メンズスニーカーもおすすめ。シンプルで汎用性が高く、履きやすい。そんな『ラコステ』のスニーカーをコーデとともに紹介します。

TASCLAP編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    “昨日的”な機能服が支持される。あのワークウェアブランドが3周年で旗艦店オープン

    “昨日的”な機能服が支持される。あのワークウェアブランドが3周年で旗艦店オープン

    アウトドアやスポーツに代表される、機能的な服。今や機能を謳わない服のほうが珍しいくらい、特殊な素材や製法で次々とコンフォートなモノが生み出されている。そんな流…

    増山 直樹

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

    近間 恭子

    ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

    ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

    ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

    平 格彦

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    一般的に“非効率”というとネガティブな印象があるかもしれない。しかしながら時として、人の手を掛け、時間をかけた“非効率”から生まれたプロダクトはただならぬ魅力に溢…

    TASCLAP編集部

    BACK