モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

2019.04.16 15:00

セイコー(SEIKO)
腕時計

スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』プロスペックスより発売された、世界的な人気を誇るテレビアニメ「機動戦士ガンダム」の放送開始40周年を記念したコラボモデルである。

「機動戦士ガンダム」は1979年〜80年にかけて放送され、主人公アムロ・レイが属する地球連邦軍と宿敵シャア・ アズナブルを擁するジオン公国の一年戦争を描いた日本アニメの金字塔。そんな初代作品で登場した数多あるモビルスーツより、地球連邦軍からガンダム、ジオン公国からはシャア専用ザクと量産型ザクの3機をモチーフにデザインされたのが、この限定プロスペックスなのだ。

まずは4月12日(金)にそれぞれ数量限定1,000本で発売された「シャア専用ザク 限定モデル」と「量産型ザク 限定モデル」から。ともにベースとなるモデルは、世界中のプロダイバーたちから絶大な信頼を得ているセイコーダイバーズのアイコニックピース「マリーンマスター プロフェッショナル」。1,000m飽和潜水防水を備えながら、秒針の柄でジオン系モビルスーツのトレードマークともいえるモノアイ(センサー)を表現したり、モビルスーツの型式番号をプロテクターに刻印したりするなど、質実剛健なジオン軍の世界観を余すところなく再現。またシリコンストラップにはシャア・アズナブルとジオン公国のシンボルマークがそれぞれプリントされている。

そして8月9日(金)に数量限定300本で発売予定なのが「ガンダム 限定モデル」だ。こちらはプロスペックスの最上位シリーズである「ルクスライン」をベースモデルに採用。時計のエンジンにあたるムーブメントにはセイコー独自の駆動機構スプリングドライブキャリバーを搭載しながら、ガンダムの象徴であるトリコロールカラーを時計全体で再現し、回転ベゼルの12時位置には頭部センサー部分を模したマーキングが施されている。また裏蓋とリューズには地球連邦軍のマークが入るなど、エース機であるガンダムのディテールを随所に表現。さらにこのモデルにだけ付け替え可能なクロコダイルのストラップが付属する。

3モデルとも特別仕様の専用ボックスに封入され、裏蓋には限定モデルを高らかに謡うシリアルナンバーが入る。“白い流星”か“赤い彗星”か、はたまた“ジオン魂”か……。あなたの腕元に、何を蘇らせますか。

Text_Yasuyuki Ouchi

(C)創通・サンライズ

DATA

セイコーウォッチ お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/gundam40th/

READ MORE合わせて読みたい
日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

機能に一切の妥協なし。プロスペックスの人気モデルを完全網羅

機能に一切の妥協なし。プロスペックスの人気モデルを完全網羅

『セイコー』が世界に誇るリアルスポーツウォッチ、プロスペックス。“陸・海・空・走”の各プロフェッショナルが、その機能と設計を賞賛する数少ない本格派である。

ワダ ソウシ

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色褪せない

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色褪せない

『セイコー』を象徴するスタイルのひとつに、“ツナ缶”がある。1975年誕生の傑作ダイバーズが採用したこの特異なデザインは、時代を経ても色褪せず、新鮮味に満ちている。

ワダ ソウシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

    馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

    ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

    編集ムタガミ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    “バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

    建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

    須賀 哲

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK