『ファイヤーキング』と『ブリーフィング』。いきなりだが、今回紹介するアイテムを作り上げた両者には共通点がある。ジャンルは違えど、どちらも質実剛健な作りが売りの人気ブランド。確かにそれも間違いない。今コラボのマグカップ&ケースも、おのおの一見してそれとわかるデザインと堅牢性を誇っている。しかし、実は各ブランドの成り立ちにも類似するポイントがあるのだ。

独特な乳白色を特長とするミルクガラス製食器で名高い『ファイヤーキング』は、アメリカメーカー「アンカーホッキング」社にルーツを持つ。デイリーユースに活躍するアイテムで家庭からレストランまで幅広く重宝されたが、1986年にミルクガラス製造を終了。しかし日本のガラス職人の手により、2011年にMADE IN JAPANで復活を果たす。例えるならば、アメリカと日本の”2つの国籍”を持っている、ということになる。

かたや『ブリーフィング』は、米国軍が定める基準”ミルスペック”を満たすコレクションをはじめ機能性に優れるアイテムを展開するラゲッジブランド。1998年の登場以来、MADE IN USAのアイテムを軸に様々なアイテムを作り続けているが、実はこちらはれっきとしたジャパンブランド。経緯は違えど、『ファイヤーキング』同様にアメリカと日本の両国に”縁”を持つのだ。

さて、改めて今回のコラボレーションに目を移そう。『ブリーフィング』らしいブラック&カーキ、そして真っ赤なロゴで彩られた、『ファイヤーキング』おなじみのスタッキングマグ。それをすっぽり収納するハンドル付きケースは、もちろんバリスティックナイロンで作られている。収納したマグカップが触れ合わないようケース内部には仕切りが設けられるが、これは取り外しが可能。よってケース単体としても使い勝手が抜群だ。キャンプにセットで持って行くもよし、マグカップはインドアで使い、ケースに別のものを入れて持ち運ぶのもいいだろう。

タフな作りと機能美に裏打ちされたデザイン、そしてユーザーへの細かな配慮。日米合作のマグカップ&ケースは、言うなれば両国の”いいとこ取り仕様”となっている。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ブリーフィング 六本木ヒルズ店

03-6434-5922

https://www.briefing-usa.com/

READ MORE合わせて読みたい
伝説の復活! ファイヤーキングのマグが熱い!!

伝説の復活! ファイヤーキングのマグが熱い!!

1905年にオハイオ州で誕生した『ファイヤーキング』は一度幕を閉じ、2011年に日本で復活!! 当時の製法をベースに進化を遂げています。代表的なスタッキングマグを注目!!

平 格彦

タフな大人の必需品。ブリーフィングのリュック名作選

タフな大人の必需品。ブリーフィングのリュック名作選

米軍のミルスペックを満たす、タフ&ファンクショナルバッグの王道『ブリーフィング』。ブリーフケースも人気ですが、今回はスポーティなリュックをチェックしましょう。

MASAFUMI YASUOKA

アウトドア用マグカップならデザインも機能性もGOOD!

アウトドア用マグカップならデザインも機能性もGOOD!

機能性に注目しがちなアウトドア用のマグ。よく見てみると、色使いやデザインなどおしゃれなモノが多いんです。そこで今回は、普段使いにも最適なアイテムを紹介します。

大中 志摩

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK