日々をもっと充実させてくれる、快適でしゃれたパイルウェア

日々をもっと充実させてくれる、快適でしゃれたパイルウェア

2019.05.18 15:00

ラブレス(LOVELESS)
フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)
パジャマ・ルームウェア

部屋着として着られるほど楽ちんなうえ、ワンマイル服としてもちゃんと“サマ”になる。吸水性良好で夏のアウトドアでも活躍必至。何のことかというと、巷でヒット中のパイルウェアのお話。リラックスした装いが引き続き支持される今季は、モコモコとやわらかな表情のパイルウェアが注目されている。旬なうえに多彩なシーンで役立つ万能アイテムとくればそれだけで持っておいて損はないが、周囲と同質化してしまうような量産的モデルではいささか退屈。せっかくなら、さりげなくセンスの良さを醸し出せる逸品が良いだろう。

そこで提案したいアイテムがこちら。30代をターゲットとするセレクトショップ『ラブレス』と、米国の老舗カットソーブランド『フルーツオブザルーム』のコラボから生まれたパイル使いのルームウェアセットだ。甘編みのふわふわパイルボディが心地良く、ショーツ&Tシャツにワンポイントで入るロゴがアイキャッチに。ルームウェアと銘打たれながら、大人の街着としても申し分ない。両雄のロゴが入った特別な収納袋も付属する3点セットゆえに、旅や野遊びにも活用可能。セットアップとしても、単品でも着られる自由度の高さもありがたい限りだ。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

ラブレス プレスルーム

03-5770-4724

https://www.loveless-shop.jp/

READ MORE合わせて読みたい
日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

アメリカ発の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』。象徴であるTシャツは米国人の日常に古くから寄り添ってきました。その魅力とおすすめアイテムをご紹介!

山崎 サトシ

大人ですから。ルームウェアで家でもおしゃれに快適に

大人ですから。ルームウェアで家でもおしゃれに快適に

ルームウェアも自分なりにこだわってスタイリッシュなタイプを選ぶべき。その理由を解説しつつ、自分用、ギフト用、初心者用というタイプ別におすすめブランドもご紹介。

平 格彦

着心地バツグン。パイル地アイテム集めました

着心地バツグン。パイル地アイテム集めました

夏になると恋しくなる「パイル地」アイテム。綿密なタオル地のようなこの素材、肌に触れると気持ちよく、汗ばんだ肌をサラッとさせてくれる。ああ、パイル地に包まれたい!

AI

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    パックTシャツ最強ガイド。おすすめ5大ブランドを解説

    パックTシャツ最強ガイド。おすすめ5大ブランドを解説

    パックTシャツのお得感は何歳になってもうれしいもの。『ヘインズ』を筆頭に各ブランドから発表されているが大人に合うパックTはどれか、各特徴を踏まえていざ吟味!

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    “違和感”こそが狙い。洒落者注目のリーボック エイティーワンに夏のキーアイテムが追加

    “違和感”こそが狙い。洒落者注目のリーボック エイティーワンに夏のキーアイテムが追加

    ファッション感度の高い大人から注目されている『リーボック エイティーワン』というコレクションをご存じでしょうか? 同コレクションは、『ヴァイナル アーカイブ』に…

    TASCLAP編集部

    BACK