そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ

SHARE
記事をお気に入り
2019.05.18 06:50

ギャップに弱いのは、何も女性だけではない。「見た目は派手なのにしっかりしている人」や「バリバリ仕事をこなす一方で、家では甘え上手な人」などと同様に、見た目と中身にギャップのある“懐の深いモノ”に惹かれる男性は多いのではなかろうか。クラシカルに見えて革新的。今回は、そんな革靴のお話を。

作ったのは『リーガル』。言わずと知れたアメリカ生まれのシューメーカーで、そのルーツは1880年まで遡る。日本に拠点を置く今でも、クラフトマンシップに満ちたオーセンティックな靴作りを継続。ここで紹介するのも、古き良きグッドイヤーウェルト製法をベースに作られたプレーントゥとサドルシューズだ。しかし、よく見ると甲の靴ひもがレースになっており、かかとにも気になるディテールが。実はこれがダイヤルとなっており、今作のキモとなる「Boaフィットシステム」を司っている。

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ 2枚目の画像

写真左から「サドルシューズ」「プレーントゥ」各32,000円(税別)

お気に入り追加

「Boaフィットシステム」とは、素早く手軽に正確なフィッティングを実現するギアのこと。ダイヤルを回すだけでレースが作動し、足へのフィット感を調整してくれる。そのため自分でシ靴ひもを結ぶ必要がなく、必然的にほどける心配もない。主にスポーツシューズや医療の世界で使用されるが今回はあえて革靴に装備し、意外と脱ぎ履きが面倒という革靴のウィークポイントを解消してみせたのだ。それでいて、履き口の周りにスポンジを入れることでやさしい足当たりを実現。さらには軽量ソール、実績のある木型を用いるなど、とことんユーザーフレンドリーな設計で快適な履き心地を約束する。これだけ現代的な機能を盛り込みつつも、面構えは昔ながらのレザーシューズ。そんなギャップに心打たれる読者は多いだろう。

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ 3枚目の画像

お気に入り追加

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ 4枚目の画像

お気に入り追加

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ 5枚目の画像

お気に入り追加

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ 6枚目の画像

お気に入り追加

ある意味でハイブリッドとも捉えられる、タイムレスな魅力と斬新な機能を両取りした靴。オン・オフ問わず頼りたくなるこの1足を、どんな着こなしに合わせるかはあなた次第だ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

リーガルコーポレーション

047-304-7261

https://www.regal.jp/casual-style-movieandbook/

READ MORE合わせて読みたい
革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

スニーカー・シューズ

革靴の王道。リーガルのおすすめシューズ15選

多くの男性に愛され、日本の革靴文化をけん引してきた『リーガル』。ビジネスマンから支持される同ブランドのおすすめモデルとともに、その魅力を改めて探ってみましょう。

近間 恭子

2021.03.08

リーガルシュー&カンパニーがかつてのスニーカーキッズにも刺さる

スニーカー・シューズ

リーガルシュー&カンパニーがかつてのスニーカーキッズにも刺さる

『リーガル』の革靴をよりモダンにアップデートした『リーガルシュー&カンパニー』。品質やデザインなどのこだわりを掘り下げつつ、大人におすすめのモデルを紹介します。

近間 恭子

2018.08.22

BOAがあればシューレース要らず。ニューノーマル時代に似合う、楽ちんスニーカー8足

スニーカー・シューズ

BOAがあればシューレース要らず。ニューノーマル時代に似合う、楽ちんスニーカー8足

靴ひもいらず&簡単操作でスニーカーの脱ぎ履きを楽ちんにしてくれる、BOAシステム。意外に知られていないその優れた機能性と、今履きたい8足をまとめてご紹介します。

本間 新

2021.02.05

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事