見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

2019.06.11 07:00

エース(ACE.)
バッグ
ビジネスバッグ

一昔前まではタブーの風潮があったが、現在ではリュック出勤のサラリーマンも珍しくなくなった。優れた収納力は無論、両手が空く分スマホ操作が楽なのも支持率を高めている理由だろう。ただ、ビジネスリュック人気隆盛の影響を受けて問題となっていることもある。その1つが電車での着用マナーだ。満員電車内で背負う行為はスペースを過剰に取るため“マナー違反”とされ、最近は駅構内のポスターでも注意喚起されている。混んだ車内ではリュックは自分の前へ。それが電車マナーにおける基本の“き”だが、本体が厚いとそれでも邪魔になったり、ジップの配置によっては抱えた際にモノが取り出しにくかったりする。そう、電車内での使い勝手に関してリュックは意外と難点が多いのだ。

今回レコメンドするのは、それらの懸念を払拭するビジネスリュック。「ガジェタブルCB」と銘打たれたその逸品は、日本のバッグブランド『エース』が電車マナーに着目して開発したロングセラーバッグ「ガジェタブル」の最新作にあたる。PCスペースを搭載しながらもマチ幅&横幅を抑えたスリムな形状は、混雑する車内でも邪魔にならないようにとの配慮から考案されたもの。しかも前抱えの状態でちょうど外ポケットが手元に来る作りで、小物類の取り出しも実にイージーだ。内部のボトルホルダーにも抱えたままアクセスできるから、蒸し暑い車内で喉が渇いたときも素早く水分補給できる。また、「ガジェタブル」の特性である電車内での利便性はそのままに、この最新作ではテフロン加工を施したコーデュラバリスティックナイロンを素材に使い耐久性と撥水性が一段と向上。タフに使えるのは頼もしい限り。

さらに、シュッとした細身フォルム&オールブラックのシックなデザインのおかげで、ビズコーデはもとよりカジュアルスタイルとも親和性を発揮! オフの日のカバンとして投入するのもありだろう。見た目が良いだけではなく、周囲への気遣いも内に秘めたこの「ガジェタブルCB」なら、いつだってスマートな大人を演出してくれる。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

エース株式会社

03-5843-0606

https://www.ace-dot.com/

READ MORE合わせて読みたい
3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

TASCLAP編集部

どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

TASCLAP編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    耐久性抜群。ガシガシ着られるコーデュラTが売れてる

    耐久性抜群。ガシガシ着られるコーデュラTが売れてる

    コーデュラナイロンというとリュックなどの丈夫な素材をイメージする人は多いのでは? 今季耐久性の高いコーデュラナイロン素材を混紡したタフなTシャツが人気なんです。

    編集カツラガワ

    履き心地抜群の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地抜群の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    TASCLAP編集部

    BACK