発想に拍手。テンテン バイネンドに見る、腕時計の原点と面白さ

発想に拍手。テンテン バイネンドに見る、腕時計の原点と面白さ

2019.06.18 15:00

テンテン バイネンド(10:10 BY NENDO)
腕時計

腕時計。その構造を想像いただくと、大半の読者諸兄は中央にケースが置かれ、その天地からバンドが付属するデザインを思い描くはずだ。カジュアルウォッチだろうと、高級時計だろうと、それは変わらない。なにせ、長い歴史の中で進化を繰り返してきた末の形である。しっくりくるのも当然だが、ただ、それはある種の固定観念になっていないだろうか。そんなことを我々に強く提起するのが、『テンテン バイネンド』の新作である。

まずは、ご存じない方のためにおさらいを。『テンテン バイネンド』は、世界的デザイン賞を数多く受賞した佐藤オオキ氏が設立したデザインオフィス、「ネンド」が手がける腕時計ブランドである。ブランド名は、アナログウォッチにおいて、時分針が10時10分を指す位置がもっとも美しく見えると言われていることに由来している。

同ブランドの新作「buckle(バックル)」は、ストラップの着脱機構が特徴。いつもならケースの天地から飛び出しているはずのストラップが、6時位置からしか出ていない。デザインはことさらミニマルではあるが、“常にあるものがない”見た目はいやが応でも目を引く。長く伸びたストラップを一周させ、12時位置にあるバックルに通して折り返すというなんともユニークな構造。それを可能にしているのがストラップを最後に固定する遊革だ。ストラップの先端の幅を緩やかに広げ、遊革の内側にもちょっとした細工を仕掛けることで抜け落ちてしまうアクシンデントをうまく回避している。

腕時計は戦場などで時刻をすぐ確認できるよう懐中時計を腕に巻きつけたのが起源とされる。その歴史から考えると、まるで原点に立ち返ったような『テンテン バイネンド』の新シリーズ。凝り固まった大人の頭を柔軟にするには、十分なフックといえるだろう。

Text_Ryo Kikuchi

DATA

アイ・ネクストジーイー

03-5496-4317

https://tenten-time.com/buckle.html

READ MORE合わせて読みたい
機能美の追求がもたらした美しさ。ベーリングの腕時計が今、おしゃれ

機能美の追求がもたらした美しさ。ベーリングの腕時計が今、おしゃれ

北欧デザインに魅了される大人は今も昔も後を絶たない。それはインテリアだけにとどまらず腕時計の世界でも同様だ。そして今、ひそかに注目されている北欧ブランドがある。

菊地 亮

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

老舗が放つ威厳に満ちた腕時計は、大人垂涎の代物。だが、いかんせん簡単に手にできるものでもないだろう。そこでおすすめしたいのが、北欧デザインを落とし込んだ1本だ。

菊地 亮

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

    編集ムタガミ

    BACK