時にポップに、時に艶やかに。この夏は色モノ・コモノで冒険する

時にポップに、時に艶やかに。この夏は色モノ・コモノで冒険する

2019.06.30 07:00

コモノ(KOMONO)
腕時計

ワードローブを無難なカラーでまとめている人でも、夏が近づくと色モノへの欲がふつふつと湧いてエくる。それはマルチカラーのアロハシャツという形で大胆に発露することもあれば、黒のショートパンツに発色の良いスニーカーを合わせてみる……、なんてちょっとしたお茶目として表れることもある。いずれにせよ、30歳を過ぎた大人にとってはひと夏の“冒険”にほかならない。今回は、比較的トライしやすい後者、色のワンポイント使いについて掘り下げたい。

首、手首、足首と、“首”と名のつく部位にアクセントを加えることでおしゃれに見せられるというのは有名なテクニック。挿し色を落とし込むなら、それらの箇所に焦点を絞って考えるのがいいだろう。そこで浮上してくるのが、機能性も有したカラーウォッチ。全身がモノトーンでも、腕元に鮮やかなブルーやオレンジが覗くだけで着こなしはグッとアクティブになる。このたびベルギーはアントワープに本拠地を置くアクセサリーブランド『コモノ』からリリースされた2種の新作「THE MONO」と「HALO」は、そんな大人の冒険心を叶えるのにふさわしい。

まずは、ブランド初となるシリコンストラップを装備した「THE MONO」。モデルのコンセプトに“Expressing Yourself(=自己表現)”と掲げる通り、全9色から自分のテイストに見合った1本を選ぶことができる。エネルギッシュなイエローにオレンジ、意外性を見せるグリーンやベリーなど、その振り幅も実に多彩。全体をワントーンカラーでまとめつつ、半透明のストラップや着色アクリルガラスが光を受けて色のコントラストを思い思いに描き出すさまはユニークだ。一方でケース径は38.8mmに抑えられているため悪目立ちせず、あくまでも大人が手に取りやすい1本に仕上がっている。

よりシックな着こなしに合わせるカラーウォッチが欲しいなら、「HALO」がおすすめだ。全3型各2色ずつで展開される同モデルは、夕暮れ時や夜明けなど空の色が移り行くさまを文字盤で表現した美しいグラデーションが持ち味。3型とも形状は異なれどケースやバンド部分にポリッシュが施されたステンレススチールを用いており、それらが腕元で輝くさまもまた幻想的だ。小ぶりなスクエアフェイスがアンティークウォッチを思わせる「Kate Royale」などはまさにサマージャケットに品良く合わせたくなる顔立ちだし、腕馴染みの良いメッシュブレスや5連ブレスが抜群の汎用性を見せる「Winston Royale」や「Lexi Estate」なら白T1枚の着こなしすらも華やかにブラッシュアップしてくれるはず。全型、1万円台前半で購入できるというのもファッションウォッチとして優秀だ。

ポップかつアクティブな装いを描き出す「THE MONO」か、大人の色気が腕元から匂い立つ「HALO」か。そのどちらを選んでも、この夏の“冒険”は有意義なものになるはずだ。

DATA

KOMONO TOKYO

03-6455-4454

東京都渋谷区神宮前3-20-21 1-A

https://www.hms-watchstore.com/

READ MORE合わせて読みたい
コモノの腕時計に“小物感”なし。手に入れたいおしゃれモデル16選

コモノの腕時計に“小物感”なし。手に入れたいおしゃれモデル16選

美しくてユニークで便利、と女性から火がついた『コモノ』の腕時計。実は、ユニセックスで使えるものがとりわけ豊富で、男性陣にも推薦したいモデルが多々あるのだ。

菊地 亮

10のビッグフェイスウォッチが、初夏の着こなしをクラスアップする

10のビッグフェイスウォッチが、初夏の着こなしをクラスアップする

気候に合わせてライトなスタイルとなる初夏。選ぶべき腕時計も、格好で変えていくのが大人の嗜みだ。そこで手元でしっかりと存在感を示すビッグフェイスに注目したい。

小林 大甫

大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

数あるペアアイテムのなかでも、よりさり気なく身に着けられるペアウォッチ。実用性も高い人気ウォッチブランドのアイテムを、3つのカテゴリでそれぞれ紹介していこう。

大中 志摩

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

    編集ムタガミ

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK