「忘れないで」。半永久的な機械式時計に込められた、海へのメッセージ

「忘れないで」。半永久的な機械式時計に込められた、海へのメッセージ

2019.07.20 07:00

オリス(ORIS)
腕時計

海の日は過ぎたが、依然として雨が多い。東京の梅雨明けは7月下旬までずれ込みそうだ。8月になればようやく思いっきりビーチで遊べる、かもしれない。さて、今回はそんな海にまつわる話。スイスの老舗ウォッチメーカー『オリス』の、尊い取り組みについてだ。

そもそも機械式時計とは、実はエコなアイテムでもある。ゼンマイを動力とするため電池交換が不要。ゆえに機械式を作る時計ブランドはサステナブルな姿勢を持ち合わせているケースが少なくないが、『オリス』は特に海洋環境に対して強い関心を抱く。それを象徴するのが、新作の「オリス オーシャン トリロジー」。「海の3部作」という名前の通り3本セットの同アイテムは、200セット限定で、再生ペットボトルで作られたオリジナルボックスに収められている。注目すべきは、3モデルそれぞれが違った側面から海の環境保護を叫んでいるという点にある。

まず押さえたいのが、「オリス ブルーホエール リミテッドエディション」。ブルーホエールとはつまり、シロナガスクジラのこと。絶滅危惧種である世界最大の動物を保護するため、彼らの保全活動を展開するホエール&ドルフィンコンサベーションと手を組んだコラボウォッチだ。500m防水の高機能ダイバーズウォッチで、ダイヤルとセラミックベゼルはアクアブルーで統一。45.5mm径のビッグサイズながらすっきりしたレイアウトのクロノグラフは、海でも街でも使い勝手が良さそうだ。こちらは単品では手に入らず、セット販売のみ。この希少性も、シロナガスクジラのそれをオマージュしている。

2本目に紹介する「オリス クリーンオーシャン リミテッドエディション」のケースバックは、ケースと同様の再生PETプラスチック製メダルがはめ込まれている。こちらのコラボ相手は、パシフィック・ガベージ ・スクリーニング。川から流れ着くプラスチックゴミを回収する同社の信念に共鳴する、39.5mm径のコンパクトなダイバーズウォッチだ。

そして3本目が、海中を彩るサンゴの保護を謳うモデルで、サンゴ礁保護基金を支援する「オリス グレートバリアリーフリミテッドエディションIII 」だ。他モデル同様に美しい海をイメージしたカラーリングのなかで、サンゴイエローの円形デイト表示がさりげなく主張。デザイン的にも優れた挿し色効果を生む。「オリス クリーンオーシャン リミテッドエディション」と同じく2000本限定で、この2モデルは単品でも入手できる。

これから訪れる機会が増えるであろう、海。たとえ羽目を外すほど遊んでも、海を傷つけるのは御法度。いまさら言うまでもない当たり前のことだが、忘れてはいけない大事なことだ。このようなことを常に忘れないでほしいというメッセージが、腕元を常に彩る美しい腕時計には込められている。

Text_Naoki Masuyama

DATA

オリスジャパン

03-6260-6876

https://www.oris.ch/jp

READ MORE合わせて読みたい
手の届く名品。スイスを代表する実用時計ブランド、オリス

手の届く名品。スイスを代表する実用時計ブランド、オリス

高価な印象のスイス時計。だが、作りは一流にも関わらず手の出しやすい価格帯のブランドも存在する。『オリス』はその代表格。ビギナーにもおすすめしたい魅力を解説する。

ワダ ソウシ

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

2万円台から買えてしまう、機械式時計入門機10選

2万円台から買えてしまう、機械式時計入門機10選

高価な嗜好品のイメージがある機械式腕時計。ところが昨今では、その印象の数分の1程度の価格で手に入る秀逸モデルが増えてきている。鉄板の10本をピックアップ。

牟田神 佑介

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    【2019】彼女・妻が喜ぶクリスマスプレゼント50選。予算別に見る人気&おすすめ品

    【2019】彼女・妻が喜ぶクリスマスプレゼント50選。予算別に見る人気&おすすめ品

    彼女や妻へのクリスマスプレゼントに何を贈れば良いのやら……。そんな悩める男性陣、必見! 女性ライターならではの視点で人気&おすすめ品を厳選。予算別に紹介します!

    TASCLAP編集部

    ソーラー電波時計9選。日本が誇る3ブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計9選。日本が誇る3ブランドからレコメンド

    忙しいビジネスマンにとって、常に正確な時間を教えてくれるソーラー電波時計は心強い味方です。世界的にも品質の高い日本の3大腕時計ブランドから、名品を厳選しました。

    TASCLAP編集部

    BACK