やってくれたぜビームス ジャパン! 男が惚れる男との仰天コラボ

やってくれたぜビームス ジャパン! 男が惚れる男との仰天コラボ

2019.07.29 07:00

ビームス(BEAMS)
別注・コラボレーション

流行は、服とは切り離せない。そこにうまく乗ったり、あえて乗らなかったりがコーディネートの醍醐味ともいえるだろう。大前提として、おしゃれは時代によって変わる。ダサいと思われていたものがクールに見えたり、古いと思われていたものが新しいと感じられたりもする。そして、かっこいい男の理想像もまた、時代によって移り変わっていく。

さて、本題に入ろう。今回は、そんなトレンドに左右されない男の象徴ともいえる人物にスポットを当てたアイテムを紹介したい。男の名は、車寅次郎。ご存じ“フーテンの寅さん”だ。持ち前の破天荒さで周りに迷惑と人情を振りまきながら日本中を闊歩する。そんな彼の生き様を描く映画『男はつらいよ』シリーズの50周年を祝い、絶妙にツボを突くウェア&グッズ、計15アイテムが揃った。

「男はつらいよ ビームス篇」というプロジェクト名のもと、「ビームス ジャパン」とのタッグにより生まれた実にユニークなアイテムたち。劇中で寅さんが日本各地を旅したことをアイデアソースとし、ビジュアルだけでなく産地や製法にこだわっている点が秀逸だ。例えば“寅さん気分”に浸れるトリッキーなクレープ肌着は、福島県のレナウンインクス自社工場で生産。他、ビームスオリジナルレーベルであるサーフ&スケートラインの『SSZ』とのコラボレーションもラインアップする。寅さん愛用のスーツの柄で描かれた“寅の字”を胸にのせたもの、寅さんが身に着けている金の指輪のハンコが胸ポケットから顔を覗かせたもの。どちらもニンマリ&クスッとなる絶妙なさじ加減のTシャツに仕上がっている。

『ニューエラ』と組んだキャップも白眉の出来だ。シリーズ第1作の手書きの題字をあしらった「男」バージョン、寅さんのイメージカラーであるベージュに映画のタイトルロールの手書き文字をトレースした「寅」バージョン、同じくタイトルロールの文字を使って“タコ社長”の色を採用した「社長」バージョンと、どれもクールさと脱力感がいい感じで同居。「男」バージョンは超サイズダウンしてキーホルダーとしてもリリースされるが、こちらも「59FIFTY」同様にほぼハンドメイドで作られるなど手の凝りようは尋常じゃない。ちなみに7月31日から8月27日までは、新宿の「ビームス ジャパン」にて実際に映画の撮影で使われた小道具なども展示。しかも今年の秋冬にはプロジェクトの第2弾も発表されるんだとか。流行を追わず、逆にトレンドのほうから追いかけられるような寅さん的かっこよさ。やっぱり素敵である。

Text by_Naoki Masuyama

DATA

ビームス ジャパン

03-5368-7300

東京都新宿区新宿3-32-6

https://www.beams.co.jp/beams_japan/

READ MORE合わせて読みたい
ビームスTは2019年も秀作豊富。おすすめコラボ、揃えました

ビームスTは2019年も秀作豊富。おすすめコラボ、揃えました

シンプルコーデに効くハイセンスなコラボTシャツが揃う『ビームスT』は、今季も大人の琴線を刺激する秀作が揃い踏み。気になるニューアイテムを、Tシャツ中心にお届け!

山崎 サトシ

Tシャツ完全ガイド。人気25ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツ完全ガイド。人気25ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。25の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

多彩なシリーズから厳選。ニューエラの人気キャップ6モデル

多彩なシリーズから厳選。ニューエラの人気キャップ6モデル

はじめて『ニューエラ』のキャップをご購入される方、また長年愛用されている方も今一度、お好みの逸品を見つける手立てとして各モデルと特徴を再確認しておきましょう!

伊藤 千尋

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

    インナーダウン専業ブランド、タイオンが気になる!その魅力とアイテム一覧

    ダウンの新定番ブランドとして注目されている『タイオン(TAION)』。多くのセレクトショップで取り扱われる人気モノですが、そこには知って納得の理由があるんです。

    山崎 サトシ

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

    編集ムタガミ

    今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

    今、狙い目。オーバーサイズのニットでコーデの幅が一気に広がる

    今っぽいリラックス感と大人らしい品格を備えたコーディネートが簡単に構築できるオーバーサイズのニット。選び方から着こなしテク、おすすめアイテムまで徹底解説します!

    平 格彦

    BACK