“昨日的”な機能服が支持される。あのワークウェアブランドが3周年で旗艦店オープン

“昨日的”な機能服が支持される。あのワークウェアブランドが3周年で旗艦店オープン

2019.09.06 15:00

ユニバーサルオーバーオール(UNIVERSAL OVERALL)
アウター

アウトドアやスポーツに代表される、機能的な服。今や機能を謳わない服のほうが珍しいくらい、特殊な素材や製法で次々とコンフォートなモノが生み出されている。そんな流れを踏まえても注目に値するのが、真のヘビーデューティな服を作るワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』。1924年に創業した、シカゴ発祥の老舗だ。

当地のリアルワーカーを支え続けるハードなアイテムは、いい意味で野暮ったく、男らしい。オーセンティックなアイテム構成、ゆとりのあるサイジング、そしてブランドの代名詞である「TCツイル」に代表されるタフで重厚なマテリアルが特徴だ。

歴史あるブランドらしくマスターピースも存在する。フロントのドーナツボタンがシンプルな中でアクセントをもたらすオーバーオールやショップコート、ルーズなストレートシルエットのワークパンツ“インダストリアルパンツ”などがその筆頭。それらはハイテク素材を使ったシュッとした見た目の“未来的”な機能服ではなく、いうなれば“昨日的”な機能服だ。それでも無性に新鮮で、面白い。だからこそ、人気セレクトショップから別注のオファーが絶えないほど高い注目度を誇る。

そんな『ユニバーサルオーバーオール』から、原宿はキャットストリートに旗艦店がオープンするといううれしいニュースが飛び込んできた。これまで、多くのショップで取り扱いやポップアップはあっても、フルラインアップが揃うケースはほぼなかった。ブランドの日本展開3周年を記念するように誕生した初の直営店では、メンズだけでなくウィメンズも一堂に会する。オープンは9月8日。チェック漏れのないよう、注意されたし。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ユニバーサル オーバーオール トーキョー

03-6427-9998

東京都渋谷区神宮前5-30-6 秀幸ビル B1F

READ MORE合わせて読みたい
人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

平 格彦

気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

平 格彦

気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

Hiroshi Watanabe

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

    近間 恭子

    ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

    ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

    ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

    平 格彦

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

    一般的に“非効率”というとネガティブな印象があるかもしれない。しかしながら時として、人の手を掛け、時間をかけた“非効率”から生まれたプロダクトはただならぬ魅力に溢…

    TASCLAP編集部

    BACK