“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン

SHARE
記事をお気に入り
2019.09.30 07:00

まるで山から街に降り立った猛獣のごとく、凄まじい勢いでストリートを席巻するアウトドアな服。トレンドは、今冬も衰え知らずであることは確かだろう。そんなプロダクトの代表格が、過酷な環境にも耐え抜く機能性とアーバンな見た目を両立したアウター類。なかでもスイス発祥のアウトドアブランド『マムート』が新たに投下した4種のダウンジャケットは、どれもが“マンモス”ロゴは控えめながら強烈な個性を放つ。

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 2枚目の画像

「Shake Dry IN Hooded Jacket」63,000円(税抜)

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 3枚目の画像

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 4枚目の画像

お気に入り追加

レザーのような質感のオールブラックボディは、お馴染みの機能素材・ゴアテックス(R)で形成される。が、いつものそれではない。用いたのは、昨年に登場したゴア社の新ブランド・ゴアテックス インフィニウム(TM)。これまでの浸透、撥水、防風性に加えて快適性が重視されており、より軽くしなやかな着心地を実現した。真冬の登山にも耐えうる750フィルパワーのグースダウンを内蔵しながら、体の動きを制限しないテクニカルなカッティングも見どころの1つ。

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 5枚目の画像

「THE IN Anorak」115,000円(税抜)

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 6枚目の画像

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 7枚目の画像

お気に入り追加

ド迫力のゴールドカラー。どこか近未来的な雰囲気すら漂うプルオーバータイプは、4種の中でもとりわけ独創的だ。『マムート』のアーバニアリングコレクションと位置付けられた「マムート デルタ X」シリーズからリリースされた本作は、街で映えるビジュアルと極めて高い保温性、軽量性を誇る。また、フルジップではなくともサイドのベンチレーションジッパーで容易に着脱可能といった、実用面で考えられたモデルでもある。なお、シルバーとブラックのカラバリもスタンバイ。

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 8枚目の画像

「ZUN HS Thermo Hooded Parka」75,000円(税抜)

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 9枚目の画像

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 10枚目の画像

お気に入り追加

オーセンティックなマウンテンジャケットを思わせる佇まいが無性に新鮮なこちらは、ディテールワークがさらにフレッシュ。よく見ると、左右でアシンメトリーなファスナーがつけられており、左側のそれは胸ポケットのファスナーとフードのアジャスターという2つの役割をこなす。また、つばのついたフードの裏側にはステッチでニュアンスが加えられ、フードを折り返すと襟にもなるユニークなデザインに。ボタンやファスナーがすべて隠されたクリーンなビジュアルも、レトロな中にモダンさを醸す一因となるのだ。

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 11枚目の画像

「3379 IN Hooded Jacket」49,000円(税抜)

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 12枚目の画像

お気に入り追加

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン 13枚目の画像

お気に入り追加

最後に紹介するのも、上記2つと同じく「マムート デルタ X」シリーズから発表された1着。マットなブラックと光沢のあるアイスカラーが鮮烈なコントラストを形成する、リバーシブル仕様のダウンジャケットだ。アイスカラーの面には、シリーズ名の「X」にちなんだアイコニックなステッチワークを採用する。もちろん機能面も抜かりなく、両面とも高い耐水性と浸透性を持つ生地が使われ、裾、袖、フード周りのゴムが寒風の吹き込みを防止。表裏のビジュアルにおいても、街でも山でも使えるという点においても、二面性が際立つ作りとなっている。

Text_Naoki Masuyama

DATA

マムート スポーツ グループ ジャパン 株式会社

03-5413-8597

https://www.mammut.jp/

READ MORE合わせて読みたい
マムートのダウン早見表。街派と山派、それぞれのおすすめ

ウェア・コーデ

マムートのダウン早見表。街派と山派、それぞれのおすすめ

ダウンジャケットを探しているならば『マムート』に注目。スタイリッシュに着たい街派、アウトドア使いも視野に入れたい山派、それぞれにハマる逸品を紹介します。

山崎 サトシ

2020.01.10

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ウェア・コーデ

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

TASCLAP編集部

2021.01.06

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事