トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

2019.10.05 07:00

スピニカー(SPINNAKER)
腕時計

年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテージ」。いずれも腕時計に玄人感や“知っている感”、うんちくを求めるような男性の物欲を刺激する要素だ。この傾向はいわゆる高級腕時計ブランドに始まり、夏ごろにはカジュアルなプライスの腕時計まで広く浸透。特にダイバーズウォッチの隆盛は目を見張るものがあり、保守的な腕時計トレンドにおいて久々に大きな動きを実感できた。

そんな今年を象徴するような、「この手があったか!」とひざを打ちたくなる腕時計ブランドが日本に上陸した。古き良きヴィンテージダイバーズの名作を彷彿とさせる顔立ちに、イタリア発らしい洗練された配色。そこに信頼性の高い日本製の自動巻きムーブメントを搭載した、まさに2019年の注目キーワードを網羅するブランド『スピニカー』である。

『スピニカー』が代表作「ブラッドナー」で表現したのは、1950~60年代に採用されていたコンプレッサースタイルのダイバーズウォッチ。これは水深が深まるほどにかかる水圧を利用して腕時計の密閉性を高める、なんとも革新的な機構を搭載した腕時計だ。また、コンプレッサースタイルの腕時計は防水性能を高めるために回転式スケールも風防の内側に格納している。専用に配置されるリューズによりスケールが回転するさまには、腕時計愛好家でなくとも心くすぐられるものがある。

ただデザインが珍しいというだけではない。今作「ブラッドナー」は、どれも3万円台。日本製の自動巻きムーブメントを積んでいるというだけでも十分価値はあるのだが、そこに+αの価値を付与するコストパフォーマンスの高さも『スピニカー』の強みだ。

まず、風防はサファイアクリスタルガラス。汎用性の高いアクリルガラスと比べて加工が難しい反面対傷性が高く、高級腕時計によく見られる素材だ。特にヴィンテージの空気を演出するために欠かせないドーム型への加工はコストが高く、この価格帯の腕時計で取り入れているブランドは希少といえる。また、ダイバーズウォッチとしての機能もきちんと踏襲されており、針やインデックスには暗闇で光を放つスーパールミノバを塗布。リューズはねじ込み式を採用し、18~20気圧防水を実現した。付属のレザーストラップにもウォータープルーフ加工が施されているなど、細部までぬかりはない。

ちなみに、ブランド名のSPINNAKERとは、追い風を受けてヨットを前進させる三角形の帆のこと。そういわれてみれば確かに、リューズにも風を受けて膨らむ“スピニカー”の雄々しい姿が描かれている。こと日本上陸の年となる2019年においては、ウォッチトレンドという追い風を受けて大きく躍進するであろう『スピニカー』。しかし、腕時計初心者にもやさしいプライスと玄人をうならせる徹底した作りこみを両立させる手腕を見れば、翌年以降も業界の荒波を果敢に乗り切っていくであろうことは想像に難くない。

DATA

株式会社ウエニ貿易

03-5815-3277

https://www.spinnaker-watches.jp/

READ MORE合わせて読みたい
機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

機能も見栄えも欲張る。エドックスが本物志向の大人から密かに人気

スポーツウォッチの名作を数々輩出してきた『エドックス』は、2007年に日本上陸を果たした。圧倒的なスペック、クールなデザイン、高コスパで市場を席捲し続けている。

ワダ ソウシ

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

“バウハウス”をお手頃に。ドゥッファの時計が今、欲しいワケ

建築や美術の世界で今なお語り継がれるドイツの造形大学、バウハウス。その流れを汲んだ『ドゥッファ』の時計が、洗練のデザインとリーズナブルな価格で注目されています。

髙須賀 哲

世界が魅了されたカラーウォッチ。ヘンリーロンドンって知ってる?

世界が魅了されたカラーウォッチ。ヘンリーロンドンって知ってる?

アンティーク感とファッション性、その巧みなバランス感覚で腕時計業界に新しい世界観を生み出す『ヘンリーロンドン』。新進気鋭ながら腕時計通をうならせる魅力に迫る。

小林 大甫

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

    センスある大人は、北欧デザインの腕時計ブランドを持っている

    老舗が放つ威厳に満ちた腕時計は、大人垂涎の代物。だが、いかんせん簡単に手にできるものでもないだろう。そこでおすすめしたいのが、北欧デザインを落とし込んだ1本だ。

    菊地 亮

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    BACK