代用できない快感を、サイのオーダーメイドで堪能しよう

代用できない快感を、サイのオーダーメイドで堪能しよう

2019.10.20 15:00

サイ(Scye)
アウター
ジャケット
テーラードジャケット

オーダーを経験してこそ、真のファッション好き。誰が言ったか知らないが、特にサイジングがシビアなスーツの世界では、オーダーメイドこそ美徳とされる。では、カジュアルファッションではどうか。やはり、するに越したことはないだろう。

「オーダーを体験してみたいが、なかなか行動に移せない」。そんな読者諸兄に格好のイベントがある。イベントの主は、イギリスの伝統的なテーラリングをベースに、独自のアレンジを加えたアイテムで好評のブランド『サイ』。開催場所は、同ブランドの路面店である「サイ マーカンタイル」だ。これまでもビスポーク的なコレクションを展開していた同ブランドが今回の題材に選んだのは、オーセンティックなアイテムの代表格であるブレザー。通常のコレクションよりも3サイズ増やした倍の6サイズ展開の既製品パターンを基に、ひとりひとりの体型に合わせてフィッティングが行われる。もちろん、生地も国内外の有名ブランドやヴィンテージから選択可能で、ライニングやボタンのアレンジにも対応。しかも選んだ生地と同布のネクタイまでオーダーできるおまけ付きだ。ファッション的にもトラッドスタイルが脚光を浴びる中、人気ブランドの定番が100パーセント自分好みにアレンジできる快感は、何物にもかえがたい。

ちなみに、同イベントは10月18日(金)から27日(日)の10日間限定。ぜひ、奮ってご参加くだ“サイ”。

Text_Naoki Masuyama

DATA

サイ マーカンタイル

03-5414-3531

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-13

定休日:毎週火曜日
※ただし開催時期は22日(火・祝)通常営業/23日(水)臨時休業

READ MORE合わせて読みたい
本物志向の大人に刺さる。サイ&サイベーシックスの仕立ての良い服

本物志向の大人に刺さる。サイ&サイベーシックスの仕立ての良い服

圧倒的なクオリティーの高さを武器に、本物を知るオーバー30の大人から支持される『サイ』と『サイベーシックス』。人気の両ブランドを掘り下げて紹介していきます。

山崎 サトシ

大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

メンズのマストハブであるテーラードジャケットは、定番だからこそ着こなしで差別化を。相性抜群のアイテムと、これを活用したジャケットコーデ30スタイルを紹介します。

TASCLAP編集部

大人の着こなしは“紺ジャケ”より“紺ブレ”でメイク

大人の着こなしは“紺ジャケ”より“紺ブレ”でメイク

大人のジャケットスタイルの基本は“紺ジャケ”ですが、今年はよりトラディショナルな気分の“紺ブレ”がおすすめです。ジャケットとブレザーの違いも含め解説しましょう。

池田 やすゆき

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    メンズヘア定番のツーブロックのなかでも、おすすめの髪型を一挙公開。「ツーブロックとは」という基本やオーダー方法、スタイリング剤に関する参考記事もご紹介します。

    深澤 正太郎

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    ダウンのような重いアウターは不要ですが、まだトップス1枚ではやや厳しい時期なのが4月。“着こなし難民”にならないよう、最適なアイテム&コーデ術を押さえましょう!

    山崎 サトシ

    BACK