目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

SHARE
記事をお気に入り
2019.10.31 07:00

「好評につき第2弾」となるコラボレーションは少なくない。今回紹介する腕時計も、その類いではある。ただし、コンセプトを深化させ、アイテムとして進化している点で単なる続編に終わらせていないのが特徴だろう。突き詰めたのは「本質的で優れたツールをユーザーに届けたい」という作り手の想い。『タイメックス』と『ミステリーランチ』という、2つのアメリカブランドが手を組んだコラボウォッチは、アメカジ的な魅力を増した“バージョン2”に生まれ変わった。

創業165年を数える『タイメックス』のタフウォッチをベースとしたケースデザインは、あくまでベーシック。全面発光機能を持たせた文字盤やレスキューカラーの秒針などで視認性を高めつつ、同じく米軍との関係が深い『ミステリーランチ』らしい上品なコヨーテカラーを纏った。

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ 2枚目の画像

「ミステリーランチ × タイメックス コラボレーション第2弾」22,000円(税抜)

お気に入り追加

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ 3枚目の画像

お気に入り追加

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ 4枚目の画像

お気に入り追加

この肩肘張らずともしゃれたビジュアルがアメカジ的ではあるが、実用面のアップデートこそ今作のキモ。その真髄は、付け替え可能な2種のストラップに見られる。1本は、『ミステリーランチ』のバッグでお馴染みの高品質ウェビングを二重にしたストラップ。タフで風合いの良いこちらは、前回のコラボでも使用された実績を持つ。で、写真のもう1本が実に新しい。6時位置のバックルをスライドさせて着脱可能で、まるでバックパックのストラップのように着用しながら任意のテンションに微調整できるのだ。しかも、耐摩耗性、剛性、靭性、温度安定性に優れたポリアセタールという素材を採用。手首の内側にバックルが回らないため独特の装着感を味わえる点にも、アメリカらしい実用性を感じる。また、今回もオリジナルのユーティリティケースが付属。500デニールのコーデュラナイロン製で、裏面のアタッチメントによりショルダーハーネスなどへの取り付けが可能。時計だけでなく、サングラスなどの携帯にも便利だ。カジュアルでしゃれていて、タフかつ実用的、さらにはケースというオマケまでついてくる。このアメカジウォッチ、やはり相当良い。

Text_Naoki Masuyama

DATA

DKSHジャパン

03-5441-4515

http://www.timexwatch.jp/

READ MORE合わせて読みたい
永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

腕時計・ウォッチ

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』は、なぜこんなにも男たちを魅了するのか。顔立ちやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

TASCLAP編集部

2021.02.19

シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーは男の永世定番だ

腕時計・ウォッチ

シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーは男の永世定番だ

キャンパーとは、アメリカンウォッチブランド『タイメックス』を代表するシンプルなミリタリーウォッチ。大人の男性の気取らない休日に欠かせない、オフ時計の決定版です。

TASCLAP編集部

2020.04.09

ミステリーランチのバックパックが究極と言われる理由を大解剖

バッグ・ファッション小物

ミステリーランチのバックパックが究極と言われる理由を大解剖

“究極”と言われる『ミステリーランチ』のバックパック。米軍の特殊部隊に採用される機能性や堅牢性に長けた名作の秘密に迫るとともに、人気のバッグやコーデをご紹介。

編集イトウ

2019.07.05

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事