目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

2019.10.31 07:00

タイメックス(TIMEX)
ミステリーランチ(MYSTERY RANCH)
腕時計

「好評につき第2弾」となるコラボレーションは少なくない。今回紹介する腕時計も、その類いではある。ただし、コンセプトを深化させ、アイテムとして進化している点で単なる続編に終わらせていないのが特徴だろう。突き詰めたのは「本質的で優れたツールをユーザーに届けたい」という作り手の想い。『タイメックス』と『ミステリーランチ』という、2つのアメリカブランドが手を組んだコラボウォッチは、アメカジ的な魅力を増した“バージョン2”に生まれ変わった。

創業165年を数える『タイメックス』のタフウォッチをベースとしたケースデザインは、あくまでベーシック。全面発光機能を持たせた文字盤やレスキューカラーの秒針などで視認性を高めつつ、同じく米軍との関係が深い『ミステリーランチ』らしい上品なコヨーテカラーを纏った。

この肩肘張らずともしゃれたビジュアルがアメカジ的ではあるが、実用面のアップデートこそ今作のキモ。その真髄は、付け替え可能な2種のストラップに見られる。1本は、『ミステリーランチ』のバッグでお馴染みの高品質ウェビングを二重にしたストラップ。タフで風合いの良いこちらは、前回のコラボでも使用された実績を持つ。で、写真のもう1本が実に新しい。6時位置のバックルをスライドさせて着脱可能で、まるでバックパックのストラップのように着用しながら任意のテンションに微調整できるのだ。しかも、耐摩耗性、剛性、靭性、温度安定性に優れたポリアセタールという素材を採用。手首の内側にバックルが回らないため独特の装着感を味わえる点にも、アメリカらしい実用性を感じる。また、今回もオリジナルのユーティリティケースが付属。500デニールのコーデュラナイロン製で、裏面のアタッチメントによりショルダーハーネスなどへの取り付けが可能。時計だけでなく、サングラスなどの携帯にも便利だ。カジュアルでしゃれていて、タフかつ実用的、さらにはケースというオマケまでついてくる。このアメカジウォッチ、やはり相当良い。

Text_Naoki Masuyama

DATA

DKSHジャパン

03-5441-4515

http://www.timexwatch.jp/

READ MORE合わせて読みたい
永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』は、なぜこんなにも男たちを魅了するのか。顔立ちやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

小林 大甫

シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーは男の永世定番だ

シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーは男の永世定番だ

キャンパーとは、アメリカンウォッチブランド『タイメックス』を代表するシンプルなミリタリーウォッチ。大人の男性の気取らない休日に欠かせない、オフ時計の決定版です。

黒野 一刻

ミステリーランチのバックパックが究極と言われる理由を大解剖

ミステリーランチのバックパックが究極と言われる理由を大解剖

“究極”と言われる『ミステリーランチ』のバックパック。米軍の特殊部隊に採用される機能性や堅牢性に長けた名作の秘密に迫るとともに、人気のバッグやコーデをご紹介。

編集イトウ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

    TASCLAP編集部

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

    腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

    編集ムタガミ

    経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

    経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

    さまざまなモノと出会い、あらゆる経験を積みながら熟成されていく男の生き様とは、まるで1本のワインのようだ。そんな熟練した男にぴったりな腕時計が、『ティソ』より…

    TASCLAP編集部

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    BACK