点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

2019.11.04 07:00

腕時計

「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカメラのレンズを模したような技巧に富んだモノがあったりするかと思えば、24時間かけてゆっくりと1周するコンセプチュアルな1本針モデルがあったり……と、そのラインアップは多岐にわたる。一見バラバラにも見えるそれらのモデルを貫くのが、「クリーンな心地よい空間」というテーマ。あくまでデザインコンセプトとなっているのは我々の日常に潜む心地よさを感じるデザインであり、それらを腕時計という道具に落とし込む手腕こそが、『タックス』というブランドの真骨頂だったりする。

などと難しく書いてみたが、要は手にとって単純にワクワクする、センスの良いデザインウォッチをたくさん輩出しているブランドなのである。

そんな『タックス』の代表作に、「PLP」と「PLP II」というモデルがある。モデル名は“POINT LINE PLANE”の頭文字であり、その名の通り点・線・面という幾何学的な要素を使って秒針すら排したシンプルの極地ともいえるデザインを興している。

今回取り上げるのは、まるで衛星が周回するように文字盤上に時間を示す円がゆっくりと回る「PLP II」。その中でもさらに色味すら排除して、白と黒だけの高コントラストな世界を構築した日本限定のモノクロームモデルだ。

去る10月18日(金)に発売された同モデルは、時分針の配置によるデザイン以外をごっそりそぎ落としたスタイリッシュさが最大の持ち味。ベゼルやケース側面もヘアライン仕上げにすることでギラつきを抑え、あくまで上品な顔立ちに落とし込んでいる。また、文字盤の配色だけでなく、無機質で厚みのあるステンレススチールケースと柔らかなイタリアンカーフレザーという素材によるコントラストもユニークだ。なお、ケースの側面には“POINT LINE PLANE II”の刻印が刻まれる。

ストラップも一般的な腕時計のように“かん足”にセットするのではなく、ケース裏に格納する形で表から見たときのミニマルさを追求。デザインコンセプトにとことん則った、『タックス』らしい潔い1本に仕上がった。

腕時計のトレンドとして、盛り上がりを見せ始めている“脱・シンプル”の動き。ダイバーズやクロノグラフなど重厚さに答えを求めるのも良いだろうが、例えばこんなデザインウォッチなら嫌味なく変化を取り入れられるかもしれない。

DATA

マーサインターナショナル株式会社

03-5541-0170

https://www.tacs-image.jp/

READ MORE合わせて読みたい
おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれな腕時計20選。男の腕元にハマるブランド決定版

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

イッセイ ミヤケの腕時計には、プロダクトデザイナーの意欲作が揃う

イッセイ ミヤケの腕時計には、プロダクトデザイナーの意欲作が揃う

三宅一生氏が興したアパレルブランド『イッセイ ミヤケ』は、ディレクションの立場で腕時計も参画している。そのスタイリッシュなデザインは好評で独創性に満ちたものだ。

ワダ ソウシ

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

夏目 文寛

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

    TASCLAP編集部

    点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

    点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

    「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカ…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

    日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

    『ノット』は2015年にスタートしたばかりの新しい時計ブランド。ジャパンメイドらしいクオリティの高さと独自のカスタムメイドシステムが新鮮な、注目の新星です。

    黒野 一刻

    BACK