迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

SHARE
記事をお気に入り
2019.11.20 15:00

渋谷駅は、まさに巨大迷路。都内在住者でさえ迷うのだから、たまにやってきた多くの方々は驚くだろう。100年に一度と言われる再開発は現在も続き、周囲には新しいビルがいくつも立ち並ぶ。そのうちの1つが、12月5日に開業する地下4階・地上18階の巨大施設「渋谷フクラス」だ。そして同日、その中核となる「東急プラザ渋谷」内に「ビームス ジャパン 渋谷」がオープンする。

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店 2枚目の画像

お気に入り追加

コンセプトは“究極のベーシック”。とはいえ、日本のさまざまなカルチャーを発信する「ビームス ジャパン」の2店舗目だけあって、我々が予想するベーシックを余裕で超える。さすがは、2016年に新宿で1店舗目をオープンして以来、日本をキーワードに企業や自治体とのコラボレーションで話題をさらってきた同ショップ。渋谷店ではオリジナルウェアのほか、街にちなんだ粋な“土産モノ”も限定アイテムとしてラインアップする。

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店 3枚目の画像

「BEAMS JAPAN ハチ公ロゴ ロングTシャツ」7,800円(税抜)

お気に入り追加

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店 4枚目の画像

「スクランブル交差点と交通安全モチーフのキャップ」5,800円(税抜)

お気に入り追加

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店 5枚目の画像

「渋谷限定のフィールド ウォッチ」15,000円(税抜)

お気に入り追加

例えば、日の丸モチーフの中に“ハチ公”を潜ませたロンTや、スクランブル交差点をモチーフにしたキャップ、ダイヤルに漢数字を取り入れたフィールドウォッチなど、いずれもニヤリとさせる逸品揃い。いわゆる“外国人ウケ”だけでは終わらないファッションアイテムとしての完成度の高さは、洒落者の心をまたも鷲掴みにしそうだ。日本を代表するカルチャースポットとして、日々進化を続ける渋谷。その新たなアイコンを担いそうなニューショップに、迷わず足を運びたい。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ビームス ジャパン 渋谷(BEAMS JAPAN SHIBUYA)

03-5422-3974

東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号 東急プラザ渋谷 2F

https://www.beams.co.jp/

READ MORE合わせて読みたい
ロンTをおしゃれに着こなす。テイスト別コーデサンプル12選

ウェア・コーデ

ロンTをおしゃれに着こなす。テイスト別コーデサンプル12選

春、秋、冬と3シーズンにわたって重宝するのがロンTのメリット。長期間活躍するアイテムだけに、選び方のコツや着こなしテクを押さえて一歩先行く装いを手に入れましょう。

山崎 サトシ

2021.02.18

ロンTブランド傑作選。1枚で着てもサマになる10のおすすめ

ウェア・コーデ

ロンTブランド傑作選。1枚で着てもサマになる10のおすすめ

冬はインナーに、春と秋はトップスの主役にと、3シーズン役立つのがロンTの持ち味。大人向けの定番や旬のブランド、さらには着こなし方など、ロンT攻略のヒントを集めた。

TOMMY

2021.02.10

カジュアルだけじゃない。ビームスのスーツをおすすめしたい3つの理由

ウェア・コーデ

カジュアルだけじゃない。ビームスのスーツをおすすめしたい3つの理由

アメリカンカルチャーに端を発する『ビームス』はカジュアルウェアに目が行きがちだが、ドレスの分野においても秀逸。おすすめの理由とともに秀作に触れていこう。

菊地 亮

2018.04.02

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事