“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

SHARE
記事をお気に入り
2019.11.13 07:00

洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな実績と歴史があるからこそ。昨年35周年を迎え、“原点回帰”をテーマに過去の名作を復活させてきた『Gショック』。あの「DW-5700」をベースとした「DW-5750」も記憶に新しいところだが、今回、『アーバンリサーチ』とのコラボによりさらに進化した姿をお披露目する。

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場 2枚目の画像

「別注 DW5750」18,000円(税抜)

お気に入り追加

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場 3枚目の画像

お気に入り追加

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場 4枚目の画像

お気に入り追加

’87年に誕生した「DW-5700」は、有名アーティストたちが着用したことから人気が上昇。日本未発売も拍車をかけその希少性から伝説となった。当時を知る大人たちからすると、昨年の「DW-5750」の登場はまさに“胸アツ”だったことだろう。その衝撃にも引けを取らない『アーバンリサーチ』との一品である。デジタル文字盤の縁をかたどったホワイトラインが視認性を高め、コーデュラナイロン製へと変更したバンドは、堅牢製をキープしつつ男らしいミリタリー調のルックスを演出している。気がかりは1,000本の少数限定だということ。下手をすると当時のようにほぞをかむ思いにさいなまれるかもしれない。同じ轍を踏まないためにも、発売に先駆け予約販売を開始するアーバンリサーチオンラインで、取り急ぎポチッとするのが賢明だろう。

Text_Ryo Kikuchi

DATA

URBAN RESEARCH ルミネ新宿店

03-6455-1971

http://media.urban-research.jp/brand/urban-research/

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

腕時計・ウォッチ

Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

進化を遂げた新作で常にシーンに驚きと楽しさを提供してくれる『Gショック』。その姿勢にブレがないことは、今季の最新トピックスや推しの1本からもきっと伝わるはず。

菊地 亮

2020.08.04

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

腕時計・ウォッチ

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

2019.07.05

皆が待っていた。Gショック初期型の5700シリーズが復活

腕時計・ウォッチ

皆が待っていた。Gショック初期型の5700シリーズが復活

1983年に誕生し、常に男性の心を捉え続けてきた『Gショック』。35年を迎える2018年に届いたのは、大人の誰もが待ち望んだ“丸型の復活”といううれしいニュースでした。

深澤 正太郎

2018.01.27

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND