“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

2019.11.13 07:00

Gショック(G-SHOCK)
腕時計

洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな実績と歴史があるからこそ。昨年35周年を迎え、“原点回帰”をテーマに過去の名作を復活させてきた『Gショック』。あの「DW-5700」をベースとした「DW-5750」も記憶に新しいところだが、今回、『アーバンリサーチ』とのコラボによりさらに進化した姿をお披露目する。

’87年に誕生した「DW-5700」は、有名アーティストたちが着用したことから人気が上昇。日本未発売も拍車をかけその希少性から伝説となった。当時を知る大人たちからすると、昨年の「DW-5750」の登場はまさに“胸アツ”だったことだろう。その衝撃にも引けを取らない『アーバンリサーチ』との一品である。デジタル文字盤の縁をかたどったホワイトラインが視認性を高め、コーデュラナイロン製へと変更したバンドは、堅牢製をキープしつつ男らしいミリタリー調のルックスを演出している。気がかりは1,000本の少数限定だということ。下手をすると当時のようにほぞをかむ思いにさいなまれるかもしれない。同じ轍を踏まないためにも、発売に先駆け予約販売を開始するアーバンリサーチオンラインで、取り急ぎポチッとするのが賢明だろう。

Text_Ryo Kikuchi

DATA

URBAN RESEARCH ルミネ新宿店

03-6455-1971

http://media.urban-research.jp/brand/urban-research/

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの気になる新作は? おすすめはこの18本

Gショックの気になる新作は? おすすめはこの18本

多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

夏目 文寛

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

皆が待っていた。Gショック初期型の5700シリーズが復活

皆が待っていた。Gショック初期型の5700シリーズが復活

1983年に誕生し、常に男性の心を捉え続けてきた『Gショック』。35年を迎える2018年に届いたのは、大人の誰もが待ち望んだ“丸型の復活”といううれしいニュースでした。

深澤 正太郎

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

    多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

    牟田神 佑介

    新生セイコー5スポーツが示す、機械式時計のニュースタンダード

    新生セイコー5スポーツが示す、機械式時計のニュースタンダード

    紆余曲折を経て、昨年に復活を遂げた名機『セイコー5スポーツ』。日本が誇る古きよき機械式時計のアップデートは、多様化する現代の新たなるスタンダードを提示します。

    増山 直樹

    BACK