流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ

SHARE
記事をお気に入り
2019.11.21 15:00

衰え知らずの90年代ブーム。なかでも当時のアウトドアスタイルはアウター、バッグ、スニーカーとさまざまなアイテムでオマージュされている。今回紹介する『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』と『ドクターマーチン』のコラボモデルは、そんな90年代ヴィンテージのアウトドアブーツをイメージして作られた秀作だ。

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 2枚目の画像

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 3枚目の画像

お気に入り追加

『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』は、去る10月10日、東京・代官山にフラッグシップストアがオープンした『ナナミカ』がプロデュースするブランド。より都市生活に特化したベーシックウェアを得意とするだけあって、本作もアウトドア特有の野暮ったさは微塵も感じさせない洗練の仕上がりだ。

まず特筆すべきは快適な履き心地を追求した機能性。撥水加工が施されたレザーをアッパーに使用し、ライニングには『ドクターマーチン』が独自に開発した撥水性を高めるメンブレン“ドライウェア”を採用。これによりブーツ内部の汗を逃すと同時に内への湿気の侵入も防ぐことができる。加えてソールのウェルト部分からの水の侵入を防ぐ防水機能も搭載しているという。シンプルな造形の中に、これだけの機能を落とし込んでいる点は流石『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』といったところか。

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 4枚目の画像

「NFPL 9 TIE BOOT」各36,000円(税抜)

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 5枚目の画像

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 6枚目の画像

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 7枚目の画像

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 8枚目の画像

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 9枚目の画像

お気に入り追加

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ 10枚目の画像

お気に入り追加

また素材使いもユニークで、2色展開のうちブラックカラーにはトゥにヌバックレザー、一方のトゥープカラーにはスエードレザーをそれぞれ配置。さらに、ヒールカウンターにはフルグレインレザー、足首を覆うクォーターにはスエードレザーがセットされている。あえて違ったレザーをMIXすることで、シンプルな趣きながらもさりげなく表情に変化を与えている。

インナーやインソール、シューレースやダブルネームのハングタグには、『ザ・ノース・フェイス パープルレーベル』の今季のテーマカラーでもあるパープルをアクセントとして加えた。『ドクターマーチン』のアイコンでもあるヒールループも通常より長めにデザインするなど、両ブランドの遊び心が効いている。

90年代ヴィンテージを彷彿とさせる意匠に、防水&撥水機能が加えられた傑作コラボブーツ。雨や雪の日でも快適に履けるタウンユースとしてはもちろん、アウトドアレジャーにも最適だ。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン

03-6746-4860

https://jp.drmartens.com/

READ MORE合わせて読みたい
経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

スニーカー・シューズ

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

深澤 正太郎

2019.09.24

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

スニーカー・シューズ

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

2019.09.19

名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

スニーカー・シューズ

名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

英国のワーカーやパンクスたちに愛され、日本でも人気の『ドクターマーチン』。アーカイブに並ぶ様々な名作をひも解きながら、それぞれの最適なコーデ術を探りたい。

菊地 亮

2019.10.14

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND