日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

SHARE
記事をお気に入り
2019.12.05 15:00

スニーカーよりもう少し上品に昇華したい、ドレスシューズのような革靴よりちょっとカジュアルに落とし込みたい。ローファーはそんな我々の欲望を満たしてくれる最適な靴だ。そして“キング・オブ・ローファー”として長年にわたり愛され続けているブランドが『ジーエイチバス』である。その『ジーエイチバス』が、日本上陸から65年の時を経て、国内初となる直営店「G.H.BASS AOYAMA TOKYO SHOP」をオープンさせた。

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 2枚目の画像

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 3枚目の画像

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 4枚目の画像

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 5枚目の画像

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 6枚目の画像

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 7枚目の画像

お気に入り追加

改めて『ジーエイチバス』の歴史を振り返ると、アメリカはメイン州にてジョージ・ヘンリー・バス氏によって設立された1876年まで遡る。その後1936年に現在のローファーの原点ともいうべき「ウィージャンズ」が登場。50年代には本国アメリカでアイビーリーガーたちの足元を飾り、60年代になると日本でもみゆき族が愛用したことで人気が爆発。今日まで続く“アイビールックの靴=『ジーエイチバス』”という称号を獲得した。また1984年には、かのマイケル・ジャクソン氏が『スリラー』のミュージックビデオで「ウィージャンズ」の黒を履いていたことで再びヒット。セカンドウェーブを起こした。

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 8枚目の画像

「11010 BLACK」23,000円(税抜)

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 9枚目の画像

「11010 WINE」23,000円(税抜)

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 10枚目の画像

「11035J BLACK」23,000円(税抜)

お気に入り追加

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う 11枚目の画像

「11035J WINE」23,000円(税抜)

お気に入り追加

オープンした日本初の直営店は、ファッションストリートとしても名高い青山は“キラー通り”沿い。店内にはメンズ、レディース、コラボレーションとさまざまなモデルが並べられているが、TASCLAP読者にはやはり定番の「11010 BLACK」や「11035J WINE」がおすすめ。ともにどんな装いにもフィットするシンプルなデザインながら、軽量かつ高い屈曲性が快適な履き心地を約束してくれる名作。品位のある光沢を放つアッパーのハイシャインレザー、通気性や耐熱性に優れたレザーソールといった素材使いも見逃せないポイントだ。

ぜひ、「G.H.BASS AOYAMA TOKYO SHOP」で、アメリカ文化の1つとなった『ジーエイチバス』の世界観を体感してほしい。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

G.H.BASS AOYAMA TOKYO SHOP

03-5843-0777

東京都渋谷区神宮前3-1-24 ソフトタウン青山1F

http://ghbass.jp/

READ MORE合わせて読みたい
これぞ名作!ローファーの元祖ジーエイチバス

スニーカー・シューズ

これぞ名作!ローファーの元祖ジーエイチバス

ジーンズにもジャケパンにもマッチする高い汎用性が魅力のローファー。そのオリジンとして名高い米国老舗ブランド『ジーエイチバス』の人気モデルと履き方を紹介します。

岡田 太

2019.09.17

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

スニーカー・シューズ

スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

近間 恭子

2021.01.14

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

スニーカー・シューズ

タッセルローファーをカジュアルにもビジネスにもおすすめしたい

軽快な足元を演出し、着こなしを格上げしてくれると注目度の高いタッセルローファー。カジュアルだけでなくビジネスシーンにも取り入れられるそれは1足あると重宝する。

小林 大甫

2021.01.17

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事